MENU

宅配クリーニングの比較ランキング

宅配クリーニングとは?

宅配クリーニングとは利用する人は自分の家にいて、家から一歩も外に出ずに洗濯物を専門の業者にクリーニングしてもらえるサービスのことです。

 

洗濯物の発注は電話やインターネットにあるクリーニング会社のホームページから行います。

 

発注を受けた業者は利用したい人が指定した時間におうちまで取りに来てくれます。

 

洗濯物を取りに来る人は、クリーニング屋さんが直接取りにくる場合もありますし、依頼された配送業者が来てくれる場合もあります。

 

そしてクリーニングが終わった後も依頼した人のおうちまで直接配達してくれます。

 

クリーニングに頼んだ衣料を、仕上がった日にクリーニング屋さんまで取りに行くのは、日を忘れたり、その日は仕事が忙しかったりで、大変だったという方も多いと思います。

 

宅配クリーニングに頼めば、作業が終わった火には配達することができますし、用事があって受け取ることが難しい場合は、自分の都合が良い日を指定して配達してもらうこともできます。

 

 

宅配クリーニングがおすすめの人とは?

クリーニングに出したいものがあっても、遅くまで仕事をしているためになかなかクリーニング店まで出しに行けない人は多いと思います。

 

宅配クリーニングなら、インターネットで24時間受付可能な業者もありますし、店舗に出向く手間が省けるので忙しい現代の人々には便利なサービスです。

 

では、どのような人にとくにお勧めできるか考えてみましょう。

 

まず最初に思い浮かぶのが、家族の人数が多い家庭です。大家族では家事労働も人数の乗じて増えるので時間に追われることになります。

 

食事の材料の買い出しなどの合間に、クリーニング店に行く時間を作るのが大変と言う方にとっては、おうちに居ながらクリーニングの発注ができて、仕上がった品物も配達してもらえる宅配クリーニングが便利です。

 

また、小さなお子さんがいる家庭では、子供の育児につきっきりで時間がないことに加えて、子供を放り出して出かけることができないという問題があります。

 

一瞬も目を離したくない乳幼児期のお子さんがいると、一般のクリーニング店まで行くのは大変です。
それでも、誰にも頼むことができなかったら連れていくしかないからです。

 

クリーニング屋さんが近所にあったとしても、小さなお子さんをベビーカーに乗せたり自分が背負ったりして連れて行くのは大変なもの、ましてやクリーニングを頼みたい品物も一緒に運ばなければなりません。

 

宅配クリーニングに頼めば、ご自宅にいて、お子さんから目を離すことなく、洗濯を頼みたい品物を業者に頼むことができるので、子育て中のママの強い味方となってくれるはずです。

 

この他にも、仕事が忙しかったり、通勤距離が長い方等にも宅配クリーニングは向いているでしょう。

 

勤務先で遅くまで仕事をした後で、自宅に帰ってきたころにはクリーニング店は業務時間が終わっていたりします。

 

クリーニングに出したい衣類がたまっているのに、クリーニング店に行く時間が取れないのはつらいものがあるし、イライラが募ってくるものですね。

 

そんな時に、インターネット等で時間を問わず受付して、ご自宅まで取りに来てくれる宅配クリーニングが断然便利です。

 

次の休日まで処理ができないとあきらめていた衣類を、自分が受け渡しができる時間を指定して、業者が受け取りに来てくれるのは、ありがたいものだと思います。

 

また、季節の変わり目に、毛布等のかさばる品物をまとめて出したい人にも便利です。一般のクリーニング店にこれらの品物を頼もうとすると、かさばる品物をクリーニング店まで運んでいくだけでも大変です。そのうえ、クリーニングが終了したらもう一度受け取りに行かなくてはなりません。

 

宅配クリーニングサービスを頼めば、ご自宅まで荷物を取りに来てくれますし、クリーニング作業が終了したら、ご自宅までクリーニング作業が終わった品物を配達してくれます。大きな荷物を2回も運ぶ面倒が一挙に解消できます。

 

同様にスーツなど自宅で洗うのが難しい衣類を季節の変わり目に大量に出したい時も、クリーニング店に自分で運んで頼みに行くよりも、宅配クリーニングサービスに頼むほうが、遥かに便利です。

 

このように、大量の衣類をクリーニングな頼みたい方や、忙しくてクリーニング店にいく暇がない方には、宅配クリーニングサービスが向いていると言えます。

 

いつでも注文できて好きな時間に受け渡しができる宅配クリーニングサービスに頼むことによって、自分の生活のペースを乱すことなく、洗濯仕事をやっつけることが可能になります。

 

 

 

宅配クリーニングのメリットやサービスについて

宅配クリーニングのメリットとしては時間を問わず洗濯物の注文を受け付けて、おうちまで取りに来てくれることがあげられます。

 

普通のクリーニング店でも電話で注文を受けて、自宅まで衣類を取りに来てくれたり、仕上がった衣類の配達等のサービスを行っているところは沢山あります。

 

しかし、それらのサービスはクリーニング店の営業時間内でしか受け付けてもらえません。

 

長距離通勤をしている方にとっては通勤時間中にクリーニング屋さんの業務時間が終わってしまい、出したい衣類をクリーニングに出瀬ないという悩みがありました。仕事が忙しくて帰る時間が遅い人にとっても事情は同じです。

 

宅配クリーニングの場合は受け付けもインターネットを活用して常時行っていますし、洗濯を頼みたい衣料品等の集荷・配達時間ともに朝から夜遅くまで対応しています。

 

洗濯物の引渡し・引取り等の時間を自分の希望する時間に指定することができ、仕事などの都合に合わせて時間や場所に縛られず利用できるのが大きなメリットです。

 

宅配クリーニングに頼むことによって、お店に行く手間や時間も省けますし、クリーニングが必要なものがあるのに、なかなか時間がとれないというイライラを解消することができます。

 

次に宅配クリーニングを頼む際のコストについて検討してみましょう。宅配業者に配達を頼んでいる宅配クリーニング事業者も多いので割高なのでは?と思われがちですが、通常のクリーニング店と比べても、トータルの費用が安いケースも見受けられます。そして、多くの宅配クリーニング業者では送料無料としているようです。

 

宅配を頼むと価格が高いというイメージを持たれている方もいるようですが、価格的には同程度で宅配してくれるというメリットがあります。

 

ただし、普通のクリーニング店と同様ですが、宅配クリーニングも業者によって価格に差があります

 

先にも触れましたが、宅配クリーニングを頼むうえで最も大きなメリットは、時間の融通が利く点です。

 

仕事帰りには大抵クリーニング店は開いていませんし、クリーニング店によっては休日はお休みの場合もあります。休日にしかクリーニング店を利用出来ない方にとっては、不便な部分です。

 

宅配クリーニングの場合は、時間の制約がほとんどなく、自由に自分のタイミングでクリーニングに出せる事が大きなメリットとなります。

 

また、季節の変わり目に重いものやかさばる物をまとめてクリーニング店に頼みたいときは、クリーニング店に持ち込むのが大変です。宅配クリーニングサービスを活用すれば、衣類や布団などの重たいものやかさばる物をクリーニング店に運ぶ必要がなくなり、家まで取りに来てもらえることが大きなメリットでしょう。

 

小さなお子さんがいる家庭にとっても宅配クリーニングは大きなメリットがあります。乳児期の赤ちゃんはほんの少し目を離しただけでも、いつ何が起こるかわかりません。

 

それゆえ、近所に買い物に行く時でも出来れば連れて行きたいわけですが、クリーニング屋に大きな荷物を運びたいときは、赤ちゃんを一緒に連れて行こうとしたら、ベビーカーを使うにせよ、自分が背負っていくにせよ、お母さんへの負担は半端ではありません。

 

そんな時に、宅配クリーニングを使えば、小さなお子さんのそばを離れることなく、家にいるままで、洗濯を頼みたい衣類を業者さんに渡すことができます。

 

大量の洗濯物運びながら、同時に小さなお子さんもつれていくことを考えたら、宅配クリーニングは育児に携わっているお母さんには強い味方になってくれそうです。

 

宅配クリーニングのメリットのなかでも、最も喜ばれるものかもしれませんね。

 

最後に価格が同程度であり配送も行われるとなると、品質が心配になる方も多いと思います。

 

しかし、品質も宅配クリーニングと一般のクリーニング店に大きな差はありません。
洗濯物のクリーニングの仕上がりが良いことはもちろん、宅配クリーニングでもオプションによって自分好みの仕上がりにすることが可能です。

 

また、宅配クリーニングの場合は配送中に汚れたりシワがつかないように梱包されているため、受け取り時に輸送過程で品物が汚れたりしわになっているリスクが少なくなります。

 

一方でクリーニング店を利用すると、家に帰るまでの間に汚れやシワがついてしまう可能性があります。宅配ネクリーニングを利用した場合は、宅配を基準に梱包しているおかげで、輸送過程に付く、汚れやシワのリスクを避けることができるのもメリットと言えるでしょう。

 

 

宅配クリーニングの仕上がりの質について

一般のクリーニング業者と宅配クリーニング業者の間で仕上がりの質の部分では実質的な差はありません。

 

しかし、クリーニングに出したけどシワが残ってた、汚れが落ちてなかったといった事例や、シワが残っていたので返品して再作業を依頼したなどの事例は、一般のクリーニング店でも業者によっては見られますし、それは宅配クリーニング店でも同様です。

 

 

宅配クリーニング業者でも実際にアパレル業者が使用しているプレス機等を導入したり、プロの職人によるシミ抜き、撥水などの多彩なオプションを展開している企業もあります。

 

 

その一方でドライクリーニングを流れ作業的に行うだけで、シミ汚れ等が全然取れていないような業者も存在します。

 

 

業者によりサービス内容の濃淡があるのは一般のクリーニング店と同じですので、クレーム対応の良し悪しも含めて、業者を選ぶ必要はあるでしょう。

 

 

全般的にみると、宅配クリーニング業界への需要が増えるとともに、デラックス仕上げや、しみ抜き、撥水加工などさまざまなオプションを選べるようになり、価格が安い割に、頼んだ洗濯物が期待通りの状態に仕上がって帰ってくる事例がほとんどだと言っていいでしょう。

 

 

実際に一般のクリーニング店に洗濯物を持ち込むには手間・労力・時間がかかります。

 

それに比べて、宅配クリーニングの場合はそれらが節約でき、自分の生活のサイクルに支障をきたさないで済みますから、価格が同じならば宅配クリーニングを使いたいという人も多くなると思われます。

 

しかし、インターネット等で価格が安いことだけを基準に業者を選んでいると、コストをかけずに、安さに比重を置いている会社は対応できるサービスに限りが出てきます。

 

あまり安い業者の場合は、洗濯物を依頼したものの、中身の一部がその会社が対応できる衣類ではなかったのでそのまま帰ってくるという場合もあり得るので、事前にその会社のサービスが対応できるものかどうかよくみてからお願いしましょう。

 

 

宅配クリーニングの歴史

宅配をするクリーニングというサービスとして考えると、昭和40年代にはすでにそのようなサービスを行う業者が存在していたようです。

 

現在の宅配クリーニングのスタイルが定着したのは2006年〜2008年頃だと考えられます。

 

通常の値段と比較しては少し割高であったり、今までになかったサービスなので手が出しにくい傾向がありました。しかし、だんだんと存在が認知されていくにつれて、急激なスピードで規模を大きくしていきました。

 

意外と古い歴史を持つ宅配クリーニングですが、近年では利用できるサービスも豊富になってきました。

 

デラックス仕上げや、しみ抜き、撥水加工などさまざまなオプションを選べるようになてきています。

 

その割に市場規模が拡大するのとともに料金は安くなっています。

 

料金が安い割にサービス内容は充実していて、布団や、コートなどをクリーニングに出してみると、想像以上に良い状態で戻ってきて驚くことも少なくありません。

 

最近では利用者数もかなり伸びており、クリーニングだけでなくその後の衣類の保管サービスを行うなどの業務拡大する会社も増えてきています。

更新履歴
このページの先頭へ