32歳の主婦でパートをしています。

以前洗濯でものすごい失敗をやらかしてしまいました。

3年ほど前の出来事ですが、当時子供が2歳でした。

2月の寒い時期で、ママ友のおうちに子供も連れて遊びに行っていました。

その日帰る頃になって、子供が帰りに着せようと思っていたジャケットにジュースをこぼしてしまったのです。

私の子供もママ友の子供も同じ年の女の子で、それを見たママ友は好意で自分のお子さんのニットを貸してくれたのです。

そのニットがまた手編みの可愛らしいもので、見るからに温かさそうな良いものでした。

彼女が言うには彼女のお姉さんがお誕生日のお祝いに手編みしてくれたものらしいです。

そんな大切なものを汚したら申し訳ないと丁重に断りましたが、風邪を引いたら大変だし家に帰ったらすぐに脱がせるんだから大丈夫だと言われ、彼女の言葉に甘えて借りて帰ることにしました。

そして事件は翌日起こりました。

パートのある日は朝かなり早く家を出ないといけないので、洗濯と子供の保育園への送迎は夫にお願いしていたのですが、何と夫がママ友に借りた手編みのニットを洗濯機に入れて、普段着と一緒にいつも通り洗濯してしまったのです。

この日帰宅して、縮んで固くなり使い物にならなくなってしまったニットを見たときの気持ちを私は一生忘れません。

慌てて夫に電話して責めたてましたが、すべては後の祭りです。

どうしようか本当に悩みました。

市販のものなら同じものを買えば何とかなるかもしれないけど、そうではなく手編みのお姉さんの思いのこもった大切なもの。

正直、彼女との関係もこれで終わりになってしまうかもしれない、と本気で思いました。

ですが正直に話すしか方法はないと思い、そのまま正直に伝えることにしました。

それを聞いたママ友はかなりショックを受けていました。

でも、「ショックだけど仕方ない、正直に話してくれてありがとう。

これからも変わらず友達だからね!」と彼女の方から言ってくれました。

ちなみに同じようなニットを買っても絶対に満足してもらえないと思ったので、謝罪の時には何か気の済むことに使ってもらえれば嬉しいと伝えて、1万円分のデパートの商品券を渡しました。

予想していた通り、こんなのは受け取れないと断られましたがそうじゃないと友達は続けられないからとほぼ無理やり渡しました。

幸いママ友に許してもらえたことで、夫との夫婦関係にも影響せずに済みました。

その後同じ失敗をしないためにも、洗濯は夜に部屋干しになっても良いからどんなに忙しくても自分でするようにしています。