宅配クリーニングでスーツを出すメリットは?

日々着用している衣類は、時には綺麗にする必要はあります。

そのためにクリーニングの実店舗にスーツを持ち込む事はよくありますが、それ以外にも宅配クリーニングという手段もあります。

それには、保管などに関するメリットがあるからです。

実店舗型と異なる預かりサービス

スーツという衣類を保有している方々は、少々忙しい事もあります。

普段から精力的に働いているビジネスマンでしたら、なかなか時間を確保できない事も珍しくありません。

このため実店舗型のクリーニングですと、少々困ってしまう場合があります。

毎日忙しい訳ですから、なかなか実店舗に通うのも困難だからです。

一旦はお店に衣類を預けても、取りに行けない事もよくあります。

ですが、それは店舗型のクリーニングを利用した時の話です。宅配クリーニングは、もっと便利なサービスがあります。

というのも宅配型の場合は、一旦出した衣類を保管してくれる訳です。

何日程度保管してくれるかもクリーニング業者次第ですが、中には半年程度は保管してくれる業者も存在します。

ですから「忙しいので、しばらく保管してほしい」とリクエストする事も可能です。

この実店舗型には無い預かりサービスは、宅配の大きなメリットの1つと言えます。

収納スペースが限られていても安心

ところでスーツを保管する際には、どうしてもスペースが求められる事になります。

ですが住宅によっては、あまりスペースが広くありません。

保管したいと思っても、なかなか難しい事もあります。

ところが上記の保管サービスを利用すれば、それも問題ありません。

宅配クリーニングの業者に預けておけば、たとえ自宅の保管場所が限定されていても、特に問題無い訳です。

住宅の面積がやや小さい方々には、メリットが大きなサービスと言えます。

良い環境で保管してくれるメリット

またスーツは、保管環境も大切なポイントになります。

スーツは非常にデリケートな衣類で、保管環境があまり良くないと、傷んでしまう事も多いです。

ビジネスマンにとっては、見た目はとても大切です。

傷んでいるスーツを着用してしまうと、印象が悪くなってしまう場合があります。

しかし宅配クリーニングのサービスでしたら、非常に良い環境で保管してくれるのです。

湿度なども特に問題ないスペースで、スーツを保管してもらう事ができます。

住宅によっては、スーツの保管環境があまり良くない事もあります。

ですからスーツが傷んでしまう事もありますが、宅配サービスでしたら、そのリスクも低くなる訳です。

宅配クリーニングでスーツを出す時の注意点は?

スーツを宅配クリーニングに出すなら、いくつか気を付けておくべき点があります。

主に2つの注意点があるのです。

ボタンが取れてしまうトラブル

スーツをクリーニングに出した時には、たまにボタンに関する問題点が生じている事があります。

例えば、あるスーツには4つのボタンが付いているとします。そのスーツを、宅配の業者に出しました。

それでクリーニングが完了したので、業者からスーツが戻ってきたとします。

ところが、稀にボタンが取れてしまっているのです。

出す前は4つのボタンが付いていたのに、それが3つなどに減ってしまっているトラブルが、たまに発生しています。

ですからボタンは要注意なのです。

ボタンが取れやすいかどうかを確認

このため宅配クリーニングの業者に出す前に、依頼主としては、ボタンの状況を確認しておく必要はあります。

少なくとも、取れかかっているボタンが無いかどうかは、よく確認しておくべきでしょう。

シミを取ってもらえなかったというトラブル

それと汚れ除去の不十分さに関するトラブルも、たまに発生しています。

特に多いのが、シミに関するトラブルです。

クリーニング業者としても、衣類に対する汚れが残留していないかどうかは、しっかり確認してくれる傾向はあります。

しかし、それでも稀に見落としてしまうことはあるのです。

それではクリーニングを依頼した意味がなくなってしまうでしょう。

シミの場所を具体的に明示したメモを添付

それを回避する為には、メモ添付が推奨されます。

やり方は、次の通りです。

まず自分が着用していたスーツを、隅々まで目視確認します。それでシミの具体的な場所を、まず特定する訳です。

確定が完了したら、それをメモなどに分かりやすく明記します。

写真なども添えますと、シミの具体的な場所も分かりやすくなります。

それで宅配クリーニングの業者に郵送する衣類と一緒に、上記のメモも同梱する訳です。

するとそのメモを確認した業者としては、どこにシミがあるかも直ちに分かります。

たいていのクリーニング業者は、そのメモの内容にしたがって作業を行ってくれるのです。

逆にそのメモを忘れてしまいますと、上記のシミの見落としなどのトラブルも発生しやすくなります。

ですからスーツを郵送する際は、メモを添付し忘れないよう注意が必要です。

宅配クリーニングでスーツを出さない方がいいお店とは?

スーツのクリーニングをしてもらう宅配業者は、それなりによく選ぶ必要はあります。

スーツを出すのは控えた方が良い業者もあるので、注意が必要です。

Q&Aの項目の充実度を確認

そもそも宅配クリーニングの業者は、たいていは公式サイトを完備しています。

それで大抵のサイトには、Q&Aという項目があるのです。

その充実度は、スーツを出して良い業者かどうかを選ぶ基準の1つになるでしょう。

基本的に、Q&Aの項目が充実していない業者は、控えておく方が無難です。

その項目があまり充実していなければ、顧客と真摯に向かい合っていない可能性があるからです。

多くの衣類をセットにしないと送料が高い業者

ところで宅配クリーニングを利用するなら、基本的には送料も発生するのです。

その数字は、依頼する衣類の内容に左右される傾向があります。

それで一部の宅配クリーニングの業者では、ある程度多くの衣類をワンセットにしないと、送料が高めな事もあります。

ですから少ない数の衣類ですと、やや料金が高くなってしまうのです。

それでスーツは、他の衣類とワンセットになるケースはあまり多くありません。

ですから上記のような業者ですと、料金が高く付いてしまう事が多いので、注意が必要です。

宅配クリーニングでスーツを出す時のお店の選び方は?

スーツを宅配業者に依頼するなら、どこか1つ選ぶ事にはなります。

選ぶポイントは複数あり、スピードや料金が主な基準になるのです。

早く手元に戻ってくるかどうかで選ぶ

宅配クリーニングの業者は、それぞれ早さに関する違いはあります。

数日程度でスーツが手元に戻ってくる業者もあれば、1週間程度を要する業者など、それこそ多彩なのです。

発送スピードにしても、各業者のルールは異なります。

それでスーツのクリーニングは、少々急ぐ事もあるのです。

取引先などとの兼ね合いがあり、早く仕上げて欲しいこともあるでしょう。

ですからクリーニングのスピードは、業者を選ぶ基準の1つになります。

送料などの料金で選ぶ

もちろん、料金なども軽視できないポイントになります。

いくら速やかに仕上げてくれる業者でも、あまり料金が高いのは困ります。

特に、送料などは注意が必要です。

スーツの場合は送料が高く付いてしまう事もありますから、各業者の料金システムは、よく比較すると良いでしょう。

ボタンの無料付け替えがあるか

それと意外と軽視できないのは、ボタンに関するサービスです。

スーツという衣類の場合は、たまにボタンが外れてしまう事があります。

4つボタンの衣類が、クリーニング後に3つになってしまう事も稀にあるのです。

ですが、中には親切な業者もあります。

外れたボタンを付けてくれるサービスを提供している宅配業者もあるのです。

スーツのボタンが外れる事は大いにあり得るのですから、そのサービスの有無も、業者選びの基準の1つになるでしょう。