宅配クリーニングのワイシャツの相場や納期は?

ビジネスマンで忙しい方々は、ワイシャツを宅配クリーニングに出しています。

ただ、それを利用する際に相場などが気になってしまう事もあるでしょう。

ワイシャツの宅配クリーニングの料金の目安は250円

宅配クリーニングは、料金は各社により異なります。

サービス内容などの違いもありますが、次のような数字データがあります。

378と226と108と183です。

この4つの数字が何を示すかと言うと、宅配クリーニングの業者による料金です。

完全にアトランダムに、4つの業者の料金をピックアップしたものになります。

それでこの4つの業者の平均値を算出しますと、もちろん250円になる訳です。

つまり、それが宅配クリーニングの料金相場と言う事になります。

大体の納期は6日から7日前後が目安

で宅配クリーニングは、いわゆる通販型のサービスになります。

業者に衣類の洗濯を任せる為に、郵送をする訳です。

それで問題は、ワイシャツを最終的に受け取れるまでの納期です。

具体的に何日程度を要するか、気になる事もあるでしょう。

ワイシャツに対する納期も、やはり業者によって異なります。

これも同じく上記のような数字データを集計してみますと、だいたい5日前後という数字が算出できるのです。

したがって業者がクリーニングにかける時間は、だいたい5日前後になる訳ですが、それには集荷日数は含まれていません。

郵送してもらう以上は、若干の日数がかかるでしょう。遠方の業者に郵送するなら、それなりに日数はかかります。

それで自宅から業者までの日数は、個々の状況によって異なります。

業者に届くまで2日ほどかかる場所もあれば、翌日には届く地域もあるからです。

ですから「郵送日数を含めた」場合は、おおむね6日から7日前後が平均的です。

ワイシャツを宅配クリーニングで出す時の頻度はどれ位?

宅配クリーニングを検討する際には、使用頻度が気になる事もあります。

あまり多いのも大変ですし、何回着用した程度でクリーニングに出すべきかどうか迷う事もあるでしょう。

結論を申し上げれば、着用する都度クリーニングに出すのが望ましいです。

それには主に2つの理由があります。

自分でアイロンをかける問題点

まずワイシャツという衣類は、もちろんアイロンをかけなければなりません。

シワが付いたままの状態では、客観的な見栄えに関する問題点があるからです。

それでワイシャツに対するアイロンは、できるだけ頻度多くかけるのが望ましいのです。

3回着用した後に1回かけたり、5回に1回などではありません。

毎回アイロンをかける必要があるのです。

ただ自分でアイロンをかける際に、様々な問題点が浮上する場合があります。例えば時間に関わる問題です。

アイロンがけは、思ったほどスムーズに進むものではありません。

慣れていなければ、かなり時間を要してしまう傾向があります。

まして夏場の時期などは、かなりの気温で悩んでしまう事もあるでしょう。

技術レベルの高さが特徴的な宅配クリーニング

ワイシャツに関する宅配クリーニングには、技術レベルに関わるメリットがあります。

かなりハイレベルな技術を兼ね備えているのです。

現に宅配クリーニングの業者としても、創業年数や技術などを宣伝している事も多いです。

他社と比べると、高い技術を兼ね備えていると宣伝している業者も目立ちます。

アイロンの技術レベルが高いので業者に任せると良い

上記で増えたアイロンに対しても、同じ事が言えます。宅配クリーニングの業者に任せる方が、自力でアイロンをかけるよりは、遥かに仕上がりも良くなる訳です。

それでアイロンは、着用する度にかける方が望ましい訳です。

自分でアイロンをかけるのも大変ですし、やはりワイシャツを1回着用する度に、宅配クリーニングに出す方が良いでしょう。

しばらく放置すると黄ばんでしまうワイシャツ

もう1つの理由は、黄ばみに関する問題です。

ワイシャツは、あまり放置するのは望ましくないのです。

ワイシャツは、たまに何かの事情で放置されてしまっています。

洗濯もせずに、放置状態になってしまうのは、状態を悪くする原因になるのです。

その1つが、上述の黄ばみです。

やはり全く洗濯しない状態が何日も経過してしまえば、自然とワイシャツは黄色くなってしまいます。当然それは、客観的な印象に関する問題点があります。

黄ばんでしまうので業者に依頼すべき

黄ばんでしまうようでしたら、やはりワイシャツの毎回洗浄するのが望ましい訳です。

そしてワイシャツの洗浄は、自力ではなかなか難しい一面もあります。

自分で洗浄してしまいますと、かえって色合いが悪くなってしまう事も多いのです。

その点宅配クリーニングのサービスでしたら、洗浄技術も問題はありません。

しかもワイシャツは着用する都度洗う必要があるのですから、やはりそれを着用する度に、宅配クリーニングを依頼する方が良いでしょう。

したがって業者にクリーニングに出す頻度は、「着用する度」という事になります。

ワイシャツを宅配クリーニングで出すとのメリットとは?

ワイシャツを宅配クリーニングに出すメリットは、複数あります。手間に関わるメリットは大きいですし、預かりサービスなどもあるからです。

実店舗とその手間に関わるデメリット

ワイシャツをクリーニングに出すなら、実店舗という手段が一応あります。

自宅近所に、クリーニングの店舗が立地しているなら、そこでワイシャツを洗浄してもらうやり方はあるでしょう。

しかし、問題は手間の大きさです。確かに実店舗にいけばクリーニングしてもらえますが、毎回そこまで足を運ぶのは、少々面倒だと思う場合があります。

またクリーニングのお店が近いなら良いですが、遠い事もあるのです。人によっては、一番近いお店が数十分前後という事もあります。

お店に行く手間が無いメリット

宅配クリーニングというサービスでしたら、わざわざ実店舗まで足を運ぶ必要は無いのです。

宅配クリーニングは、いわゆる通販のサービスになります。

運送業者がワイシャツを引き取りに来た上で、業者に運送してもらえる訳です。

そのシステムの都合上、わざわざ遠いお店まで行く必要もありません。

ですからお店に行くのが手間だと思う方々にとっては、宅配クリーニングのメリットは大きいです。

ワイシャツの預かりサービスのメリット

メリットは他にもあります。

ワイシャツを預かってくれるサービスです。

そもそも一旦は洗濯されたワイシャツは、直ちに着用されるとは限りません。一旦は洗浄しても、しばらく着用しない事もあり得るでしょう。

それで宅配クリーニングというサービスは、衣類を預かってくれるのです。

預かって欲しいという旨をクリーニング業者に伝達すると、最長1年ほどは預かってくれます。

自宅にワイシャツを保管すると、残念ながら傷んでしまう事もあります。

しかし預かってくれるなら、シャツが傷んでしまう事もないでしょう。

高い技術を兼ね備えている

また宅配クリーニングには、技術レベルに関わるメリットがあります。

自分でワイシャツを洗浄するよりは、宅配クリーニングに任せる方が良いのです。

そもそもワイシャツは、一応は自分で洗浄する事も可能です。

しかしワイシャツに対する洗浄は、必ずしも簡単ではありません。

やり方を間違えてしまうと、ワイシャツが傷んでしまう可能性があります。

しかし宅配クリーニングというサービスでしたら、高い技術レベルを兼ね備えている訳です。

自分で洗浄するよりは、遥かに無難な傾向があります。

それと宅配クリーニングには、アイロンに関わるメリットもあるのです。

非常に丁寧にアイロンをかけてくれますから、ワイシャツが痛みづらいメリットもあります。

すなわち「お店に行く必要が無い」のと「預かりサービス」と「技術レベルの高さ」という3点が、宅配クリーニングの主なメリットです。