スーツを宅配クリーニングに出す頻度はどれ位?

スーツを宅配クリーニングに出す頻度は、スーツを持っている数によって異なってきます。

また、スーツの生地をこまめに手入れすることによっても洗う期間を延ばすことができます。

基本的にはスーツを10回着たらクリーニングに出す必要があると言われていますが、人によって持っている数が違うので期間も変わってくることになります。

でも10回とは、サラリーマンとして週5日で働いている人の場合どのくらいの頻度のことを指しているのでしょうか?

例えばあなたが3本ほどスーツを持っていたとしましょう。

サラリーマンで毎日仕事に忙しくされている方であれば、当然のこととして毎日スーツを着ることになります。

多くの人のライフスタイルを考慮して、週5日働き、1カ月に4週間あると仮定します。

そのようなライフスタイルだと、5(一週間の労働数)×4(一月の週の数)で20になります。

つまり1月20日間は、スーツを過ごしていることになるのです。

そして20を持っているスーツの数である3で割ることによって、1月に何日間同じスーツを着ているかが分かります。

1ヶ月間に約6日から7日間同じスーツを着ていることになります。

スーツを着た回数でいうと6回か7回なので、まだ3、4回は切ることができます。

このようにして3本のスーツを順番に着ていくと、約一か月半ぐらい経つ頃にはそれぞれのスーツを10回来たことになります。

洗いすぎることによってスーツの生地が、傷んでしまうこともあるようですので注意が必要です。

綺麗好きな人や余裕のある人は一ヶ月半ごとにスーツを出すことができるかもしれませんが、しっかりと小まめに手入れをするのであれば、約3ヶ月毎にクリーニングを出すまでに期間を延ばすことができます。

スーツにしっかりとブラッシングをかけて細い繊維などをメニュー見にくい汚れなどを落とすことを心がけるようにしましょう。

他にもスチームアイロンを使うなどして、少しずつスーツについて行く嫌な臭いを落とすように手入れをしていきます。

そのように頻繁に手入れをしている方であれば、約3か月ごとの宅配クリーニングであっても十分だと言われています。

むしろその方が、スーツの生地を頻繁に傷つけないで済むので良いと考えるわけです。

普段からスーツをこまめに手入れしているかどうかが、スーツを宅配クリーニング出す頻度に大きな影響を与えていることがわかります。

目安としては、一ヶ月半から3ヶ月の間の汚れが気になった時です。

スーツは自宅で洗える?自宅洗いがおすすめ出来ない理由は?

スーツを自宅で洗うことができるかどうか確認するためには、スーツについている「洗濯の取り扱い表示」しっかり確認しなければなりません。

まず一番わかりやすいロゴとしては、「手洗イ」と書かれているロゴです。

このロゴにバッテン印がついていなければ手洗いをすることができます。

手洗いなら何でも良いと考えてかなりの熱湯で洗おうとする人がいるかもしれませんが、それは避けるべきです。

手洗いがokの場合は、約30°以下の水温で洗うことが進められているからです。

また洗濯機マークと、ドライマークにバッテンがついているかどうかを確認しましょう。

基本的には、ウォッシャブルスーツなど水に濡れることを想定して作られているスーツなのであれば、洗濯機で自分の手で洗ったとしても何の問題もありません。

しかし、スーツを自宅で洗おうとすると失敗する可能性があることも頭の片隅に入れておきましょう。

例えばウールの素材のスーツを自宅の洗濯機で洗うとします。どうなるのでしょうか?結論から言うと、縮んでしまう可能性があります。

水に触れることによってウールの素材が縮んでしまうのは仕方がないことですが、大切なのはその後のアイロンがけです。

技術のない素人が自宅で縮んだスーツにアイロンをかけるしようとすると失敗してしまうことが少なくありません。

ですから、最も安心なのは宅配クリーニングなどでお願いすることです。

スーツを宅配クリーニングに出す時の注意点は?

宅配クリーニング独特のトラブルが生じる可能性があります。

通常のクリーニングであれば、自分がお店までスーツを持って行って、その場で店員さんにスーツを預けることになります。

ですから直接会話をしながら、どこにシミがあるのか、どの部分のシワが特に気になるのか、など詳細な点を確実に伝えることができます。

でも宅配クリーニングの場合は自分の意見を直接伝えることは非常に難しいです。

なぜなら、郵送された自分のスーツが宅配クリーニングの業者に着いた時に初めて、宅配クリーニング業者の人達は、私たちの送ったスーツを確認することになるからです。

そして宅配クリーニングのミスではありませんが、郵送の際に行き違いや何かのトラブルが起きる可能性があるのです。

そのことを考えると、まず最初に写真を撮ることをお勧めします。

宅配クリーニング業者に自分のスーツを送るために、ダンボールや何かの入れ物にスーツを入れると思います。

その時にしっかりと、何着スーツをダンボールの中に入れたのか、どこの部分にシミがあったのかを確実に振り返ることができるように写真を撮ります。

そうすれば後で何かトラブルがあった時にもしっかりと対応することができます。

もちろんこの方法は宅配クリーニング業者の人のミスを防ぐだけではなく自分のミスを防ぐことにも役立ちます。

自分自身ダンボールの中に入れたと思ったスーツを、実際は勘違いしているだけで入れていなかったかもしれません。

写真を見れば一目瞭然です。

またシミや汚れを落として欲しいと思っている時には、どの部分にシミがあるのかメモなどに書いて同封することができます。

宅配クリーニングの人たちは、どんな理由でそのシミができたのかについても知りたいと思うはずです。

汚れを落とす方法を考える上で助けになるからです。ですから、もしご存知であるのであればメモにしみの場所だけでなく、シミができた理由を書くようにしましょう。

そうすることは、宅配クリーニング業者の人と自分の益につながります。

スーツを宅配クリーニングに出す時の相場や期間は?

スーツを宅配クリーニングに依頼した場合、相場は1000円前後ということができます。

しかし宅配クリーニングをしている大手の業者もあれば、個人で経営されている方もおられます。

個人経営で行われている宅配クリーニングの場合は若干高めのような気がします。

金額で言うと、2000円から3000円といった具合でしょうか?当然、個人の宅配クリーニングの場合は洗う人が毎回同じであることが少なくありません。

ですから毎回、上質の仕上がりを期待することができるのです。サービスにあった料金ということができます。

宅配クリーニングの場合は最短で2日と言われています。

店舗にスーツのクリーニングを依頼する場合は、朝に出せば即日受け取ることができますから、宅配クリーニングの方が少し多く時間が必要なことがわかります。

しかし多くの場合、5日間前後宅配クリーニングにおいては時間が必要です。

スピーディーに宅配クリーニングの依頼に応えることを売りとしている業者もいくつかありますので、どうしてもすぐにスーツが必要な時にはそのような業者を選択することをお勧めします。

宅配クリーニング業者の会員制度の特典によって、スーツを早く宅配クリーニングしてもらうこともできます。

しかし、その場合でも多くの場合必要な期間は2日間とされています。