スーツを自宅で洗濯する前に確認するポイントは?

スーツを自宅で洗濯する前に確認するポイントはいくつかあります。

まず最初に、水洗いができるのかどうかを確認しなければなりません。

水洗いできないスーツを洗ってしまったら、一回の洗濯だったとしてもを大きくスーツの形が崩れてしまうかもしれないからです。

では、どうすれば自分のスーツが水洗いできるかどうかを確認することができるのでしょうか?洗濯表示を見ましょう。

水洗いのマークのところに、バッテン印がつけられていたら水洗いすることはできません。

その場合、自宅でのお洗濯は控える必要があるでしょう。

また、色落ちしないかどうかについても自宅で洗濯する前に確認しなければなりません。

でも「色落ちするかしないかなってどうやっては確認できるの?」と思われる方も多くいるはずです。

ティッシュに洗剤の原液を少し含ませてください。その後ティッシュをスーツの目立たないところにあててあげます。

そして、その状態のままで約5分間待ちましょう。最後に時間が経った後ティッシュをしっかりと確認します。

もし、スーツの色が少しでもティッシュの方に移ってしまっているのであれば、自宅で洗濯するのは控えた方がいいでしょう。

実際に洗濯する時にはもっと多くの負荷がかかり、色落ちもひどくなってしまうからです。

スーツを自宅で洗濯する時の正しい洗い方は?

スーツを自宅で洗濯する場合にはつけおき洗いをすることもできます。

まず最初に、スーツをたたんでファスナーやボタンなどを全て閉める必要があります。

その時にあまり細かくスーツを温めすぎないよう注意しましょう。

つけおき洗いをする時にしわの原因になってしまうかもしれないからです。

次に、洗濯桶に水をためたのであれば、そこに洗剤を入れます。

つけ置き洗いをするときにオススメなのは中性洗剤を使用することです。

洗剤がしっかり溶けたのを確認した後にスーツを入れてください。

そして、優しくを押し洗いをしましょう。

この同じ作業を何度か繰り返します

最後につけおきをします。形をしっかり整えてからつけおき洗いをしましょう。

シワが残ってしまわないようにするためです。

目安としては形を整えた後に、10分から15分位つけおき洗いをすることができます。

時間が経ったのを確認することができたのであれば、ひっくり返して同じ時間を待つようにします。

終わったら、最後にきれいな水ですすいで、つけおき洗いを完了することができます。

スーツを洗濯機で洗うことも可能です。その場合には通常の服のように洗濯機に直接スーツを入れないように気をつけましょう。

洗濯ネットなどを使ってスーツを保護し、スーツへのダメージをなるべく少なくするための工夫が必要です。

洗濯ネットにスーツを入れる時にも、ぐちゃぐちゃにしていれてしまうのではなくて 、二つもしくは三つ折りにして洗濯ネットに優しく入れてあげましょう。

洗濯機の設定を、優しく洗うことのできるコースにする必要があります。

そして、使用する洗剤についてもつけおき洗いをするときと同じで、中性洗剤を用いることをお勧めします。

洗濯の後の干し方や、やる事は?

スーツを干した後には当然ながら乾燥させるために干す必要があります。

でも、普通の洗濯物のように「早く乾くから」と考えて日向に干すことのないように注意しましょう。

スーツは基本的に風通しの良い日陰で干すことが進められています。

例えばジャケットを洗濯したとしましょう。どのように乾燥させることができるのでしょうか?

もし持っておられるのでしたら太めのハンガーを用意してください。

そして、そのハンガーにジャケットをかけて乾かしてあげます。

「なんだ普通の方法とかはないじゃないか?」と思われるかもしれませんが、スーツのジャケットの場合は肩の部分が乾きにくいので工夫する必要があります。

もし肩の部分の水分が乾きにくいと思われるのでしたら、乾いたタオルなどを入れておいて乾きやすくするための工夫を施すことができます。

スーツのズボンなどを洗った場合にはどのように乾かすことができるのでしょうか? ピンチハンガーを使うと効率よくズボンを乾かすことができます。

その時にはズボンの形が広がるように干して風通しの良い状態を作ってあげれば乾きが良くなります。

ズボンのポケットの部分は乾きにくい部分として知られています。

その場合、ズボンを裏返してからピンチハンガーを使って干すのであれば、ポケットの部分を乾きやすくなります。

スーツを洗濯する頻度はどれ位が理想?

スーツを洗濯する頻度は人によって様々ですが、基本的には1シーズンに1回洗濯すると良いと言われています。

1シーズンというのは当然一年のことではなく、衣替えの時期のことを指しています。

ビジネスマンであってスーツを毎日着ることがあったとしても、衣替えの時期にはスーツのモデルチェンジをするはずです。

そして、衣替えをする前に来ていたスーツを長期間保管することになるでしょう。

スーツだけに限ったことではありませんが、汚れたままの洋服を長期間保存してしまうと、虫に食われてしまう恐れがあります。

他にもシミができてしまう原因にもなります。ですから、衣替えの時期になったら必ずスーツを洗濯する必要があるでしょう。

衣替え以外の時期にもスーツを洗濯する必要はあるのでしょうか?シワのある部分が目立っていたり、汚れてしまっているのであれば、当然洗う必要があります。汚れが目立っているにもかかわらず衣替えの時期まで待つ必要はないのです。

周りの人から気づかれるような汚れがあるにも関わらず、同じスーツを着続けるのであれば印象もあまり良くないのではないでしょうか?

ですから、スーツの汚れ具合によっても洗う頻度が変わってくるのです。

スーツを自宅で洗濯するのとクリーニングはどちらがいいの?

スーツを自宅で洗濯するのとクリーニングに出すのと、どちらが良いのか判断するにはそれぞれのメリットとデメリットを知っておく必要があります。

例えばスーツを自宅で洗濯するのであれば、出費が少なくなります。

自宅で気軽に洗濯できますので、時間の節約にもなるのではないでしょうか?

しかし、その一方でデメリットがあるのも忘れてはなりません。

スーツを自宅で洗濯する場合の一番のデメリットは、失敗することです。

失敗とは何かというと、スーツの色落ち、型崩れのことです。

やはり、プロにお願いしているわけではありませんから、スーツを自宅で洗濯する場合に失敗する可能性はあります。

一方、スーツをクリーニングに出すのであれば間違いなく失敗せずに綺麗なスーツを手に入れることができます。

精神的なストレスが少なくなるのもクリーニング出すメリットです。

でも、スーツを一着クリーニングに出すと思うとそれなりの金額を払わなければなりませんから、お金を節約することはできないでしょう。

また、毎日忙しく仕事している人であったとしても、スーツをクリーニングに出すのであれば、クリーニング屋さんまでスーツを届けに行かなければなりません。

それなりの時間が必要です。

それぞれのメリットとデメリット比較すると、どんな結論を引き出せるでしょうか?

しっかりとした知識のある人はスーツを自宅で洗濯することができますが、心配ならば迷うことなくクリーニングに出す方が良いです。

なぜなら、節約のために自宅でスーツを洗濯したとしても、洗濯に失敗してしまったら最終的にもっと高い金額の出費をしなければならないからです。

スーツは数万円するので、必ず失敗しない洗い方を選びたいですね。