42歳女性の専業主婦です。

小学生と幼稚園児がいるので、土曜の朝の洗濯はとてもたいへんです。

制服や体操服、スモッグが増え、上靴やスニーカーの手洗いもあるので、とてもバタバタしていました。

普段なら洗濯前にポケットにハンカチやティッシュが入ったままではないかを確認するのですが、土曜日は忙しくて怠ってしまいました。

洗濯機最大量までで入れてスイッチオン。

いつもどおりに終了音が聞こえたので、洗濯機のフタを開けると・・・

「あれ?なんかごみが多い」

白いカスみたいなものが、洗濯物の表面に数個くっついています。

タオルの繊維かな?とあまり気にしてなかったのですが、洗濯物を干そうとハンガーにかけ始めた時にびっくりしました。

しわを伸ばすため洗濯物をパンパンしたら、すごい量の白いカスが当たりに飛び散りました。

それでもまだまだ洗濯物に白いカスが付着しています。

「ティッシュだ!」とすぐに気づいて、その発生源を探しました。

すると幼稚園児の体操服のポケットから、濡れて小さく固まったティッシュが出てきました。

お友達とかわいい絵柄のティッシュ交換をしたようで、かなりの枚数をそのままポケットにねじ込んでいたようです。

洗濯中にポケットからほとんど飛び出してい、大量の洗濯物に白いカスとしてしっかり絡みついてりまっています。

濡れた洗濯物をはたいたところで、若干とれるのですが、キレイにとれません。

しかも濃い色のものやニット素材のものには、一層絡みついたものが目立っています。

私はどうるすこともできないので、一つ一つ、カスを取り除くことになりました。

濡れた洗濯ものなので、結局手で一つ一つ取るしかなく、放心状態になりながらがんばりました。

おでかけしようと思っていたのに、すごく時間がかかってしまい、なかなか出発できず。

乾いた後の洗濯物にもまだ取り切れていないカスが残っていて、それはガムテーブでとりました。

こんなことなら、適当にしないで、しっかりとポケットの中をチェックすればよかったと、本当に後悔しました。

忙しくて、急いでいればこそ、ポケットの中をチェックするようになりました。

それでもたまに洗濯後の主人のYシャツからグチャグチャのレシートが出てきて、ひやっとすることがあります。