確認しないとひどいことに

毎日毎日洗濯というものは面倒ですよね。

特に男の一人暮らしだとついつい溜めてしまいがちです。

特に仕事で疲れて帰ってきたときなんかには、やる気がなくなってしまいます。

私は現在フリーランスの演奏家として働いているのですが、衣装や着替えなどで洗濯が何回も必要になることがよくあります。

いつものように仕事から帰ってきて疲れて洗濯物をドーンと洗濯機にいれそのままポチッと電源を入れました。

私は衣装やワイシャツなど毎回クリーニングに出すと高くついてしまうので、形状記憶のものを買ってきて家で洗濯をしています。

洗濯が終わったのでいざ干そうと思うと、なんと洗濯機中に白いチリチリがビッシリとあります。

一緒に回していた衣装や、その他の洗濯物にもたくさん付着しています。

その時初めて気が付きました。

風邪気味だった私はうっかり衣装であるワイシャツのポケットのなかに、演奏中に鼻をかむ用のティッシュをそのまま入れっぱなしにして洗濯してしまったのです。

ティッシュというものは、洗濯されると水に溶けやすい性質もあり、細切れになってたくさん衣服に付着してしまっていました。

大事な衣装がティッシュまみれになってしまいしばらく呆然としていたのを覚えています。

意外に乾かすと

とりあえず手でとれる範囲だけとりましたが、衣装にはまだまだたくさんティッシュが付着しています。

あきらめてとりあえず干していると、ネットで調べたところ乾燥したティッシュは意外と簡単に取れることを発見しました。

その通り一日干して手で軽く払うと、ポロポロと簡単にとることができました。

手ごわかったのはポケットの中で、細かくなったティッシュがこびりついていたのでひっくり返したり歯ブラシを使ったりなどしてやっと汚れを取ることができました。

また、洗濯機の中も大変なことになっており、水をためては網ですくうという作業を何回か繰り返しなんとかきれいになりました。

それからというもの、どんなに疲れて帰ってきても洗濯をするときは必ずポケットの中身は確認するようになりました。

特に最近では鼻にやさしい柔らかめのティッシュが出てきていますが、あれは水に溶けてペースト状になるので掃除するのが厄介です。

ほかにもポケットの中の小銭やライターなども洗濯機の回転によって故障の原因となることも多いようなので、一度洗濯機に入れる前はポケットを全部ひっくり返して確認することが大事だと学びました。