私は、38歳・女性・フリーライターをしています。

だいたいの衣類は、まとめて洗濯機で洗うのですが、型崩れなどがしやすいおしゃれ着などは、おしゃれ着洗剤などの専用の洗剤で、手洗いをしています。

手洗いで、初めて取り返しのつかない大失敗をしました

初めは、ニットやセーターなどのトップスを、おしゃれ着洗剤で手洗いをしていました。

今までは、それらをクリーニングに出していたために、大きくクリーニング代が浮いて、とても得した気分でいたのですが、もっとクリーニング代が浮いたらいいなと思い、今度は、自分でトレンチコートなどを手洗いをするようになりました。

少しだけ型崩れしてるかな…というくらいで、ほとんど目立たなかったので、そのまま自分で洗っていたのですが、ある時、後ろのお尻の部分に、小さなシミを見つけました。

まあ、いつも通り、少し擦れば取れるだろうと、高を括っていたのですが、これが全然取れなく、焦りました。中の生地にはシミが付いていなかったので、おそらく、外出した時に付けてきたシミではないかなと思いました。

どのような原因で出来たシミかはわからなかったので、重層・食器用洗剤やクレンジングなど試してみたのですが、どれもだめでした。そして、手を出したのが、漂白剤でした。

もう、ご想像出来るかと思いますが、漂白剤を使ってしまって、そのシミの部分の生地が、白く色落ちをしてしまったのです。

大事なトレンチコートをだめにしてしまったことから学んだ教訓

なぜ漂白剤に手を出してしまったのか、今でもわからないのですが、ちょっとの量なら大丈夫だろうと、思ってしまったのかもしれません。

そのトレンチコートの後ろを全体的に見ても、色落ちした白い部分はちょっとだけなのですが、なにせ均一なベージュの色をしていますので、少し目立っていて、気になってしまいます。

初めは、誰も気付かないだろうと、着て出掛けてはいたのですが、エスカレーターなどの時は、やはり後ろが気になって仕方なかったです。

最終的に、母親に後ろ姿を見てもらい、気になるわよと言われたので、そのトレンチコートは、仕方なく着ることを断念することにしました。

結局、新しいトレンチコートを購入することになりましたので(当時は、外で働いていたので、トレンチコートは必要でした。)、クリーニング代よりも高くついてしまったのです。

上手くいっていた自分での手洗いも、このことを教訓に、自分で落とせそうもないシミなどの付いた衣類などは、無理せずに、きちんとクリーニングに出そうと思いました。

洗濯で失敗して、結局、出費が大きくなることを考えると、きちんとクリーニングに出した方がいいですので(衣類を購入するよりは、クリーニング代の方がお安く済みますし)、そこは、今でも手洗いをしている時に、気を付けているところです。