私は、48才になる男性のサラリーマンなのですが、このところ健康診断を受けると中性脂肪やら循環器系の数字が悪くそのせいか健康に気を使うようになり特に腎臓の働きが悪く塩分は、控えているつもりですが多いのかなと気になり何か運動をしなければと思いランニングを始めました。

早朝に1時間近く10キロを走っていたのでシャワーや風呂に入ることがそのたびに増え選択する回数もそれに応じて増えるようになりました。

そうなると着替えの下着が乾かない事も多くやたらと量を買い込むこととなりました。

そうなると経済的なこともあり安売りの物をついつい買いだめするようになりました。

それらを回しながら洗濯しては乾かしということを繰り返し、3ヵ月ぐらい経ってから気づき始めたのですが、色が白色からだんだんとオレンジ染みた色に変わってきたのです。

ひょっとして自分の汗がおかしいのかと思い始めたのですが、それというのも私自身いろいろと内臓系の病気を持っていていろいろ薬を飲んでいたのです。

それらが汗として出始めたのではないかと思ったのです。

初めは、そんなふうに思いそのせいではないかと思っていたのですが、1ヵ月くらいで変えていってもその色が変わる状態が変わらず、もしかして汗の塩分が汗として出る状態で人より多いからかなと思ったのですが、ランニング用として着ているTシャツなどは、そのような事も無く仕方なく白のTシャツに替えてみたのですが、そのTシャツが色が変わる事もないのです。

入れる洗剤がよく落ちるように漂白剤が入っていると聞いたので洗剤を変えたり量を少なくしても下着の色が変わる事に変わりはありませんでした。

ついには、オレンジ色に半年くらいでなってしまうのでおかしいと思いました。

そこで仕方なく下着の質を上げることとし日本製の高い物に変えたら半年を経ってもそのような事は起きませんでした。

なんとなく気づいたのですが、その下着は、ベトナム製だったのですけど使っている染料が違うのではないかと思いました。

後で人づてに聞いたのですが、ベトナム製は、使っている染料がよくなく多く使って強引に白色に染めているとのことで染料の量が多いことで漂白剤を多く入っている普通の洗剤を使うとその染料が落ちて色が変わるそうです。

そこで何度も繰り返して洗うのであれば普通の漂白剤の入った最近のやつで洗う場合量をカップの10分の1くらいにするしかないとのことでした。

それでも落ちなく何度も洗うのであれば日本製の物を着るしかないとのことを知りました。