38歳の専業主婦です。

パンツスーツ上下をクリーニングに出そうとしてた手間を省いた結果、スーツをダメにしてしまった失敗です。

その時は、クリーニング店が少し離れていた所にあり、仕事の都合上どうしても開店時間内にお店にいけないことなどもあり面倒を省くつもりで自宅で洗ってしましいました。

不安はあったものの、一応確認でタグをみると「手洗い・陰干し」のマークがついていたため、洗濯機の「手洗いモード」でホームクリーニング用洗剤を使えば大丈夫であろうと思っていました。

そのため、洗濯機は手洗いモードでネットにいれてポンと回した結果、出すとシワシワになっていてどうしてよいかわからない状態になっていました。

その時にシミもありましたが、シミ抜きも特に考えてなかったため、くっきり浮き出てしまいました。

スーツの素材も全く確認せずに安易に「ネット+ホームクリーニング用洗剤=大丈夫」と回してしまったことも1つの原因であると思います。

また、洗濯機で回してしまったことによる縮みも発生していたかもしれないです。

失敗を影響が出たことについて

シワがとれなくなり、アイロンをかけても変なしわが入ってしまい逆に悪化してしまうという堂々巡りになってしまいました。

また、シミもネットで調べて酢を使ってみたりしましたが、もうとれるはずもなく処分することになりました。

シワができやすい素材かどうかの確認も不十分であり(レーヨン、ポリノジック、キュプラなど)、素材も若干縮んだような気もします。(着ていないためよくわかりませんが、見た目です)

失敗をしないように注意している事や改めている事

Yシャツと同じ感覚でスーツを洗ってしまったことについて反省し、それ以降はどんなに面倒くさくても高い・安いスーツに関わらずクリーニング店へ持っていき頼むようになりました。

あと、干し方も良くわかりませんでしたので、スーツなどの型崩れ、生地が傷む、縮むなどの危険性があるものは専門のお店に頼むことをお勧めした方が良い気がしました。

また、「手洗い」と「手洗いモード」を同義語のように理解していたため、今さらながら異なることを実感しました。

今思えば、おそらくホームクリーニング用洗剤で手洗い(付け置き、押し洗い)で丁寧に時間と手間をかけてをすればよかったのだと思います。

ですが、スーツを前回ダメにしてしまったのでまだ試してはいないです。