お気に入りの洋服が、洗濯で台無しに…。

こんな経験がある方、結構いるのではないでしょうか?

普段何気なく行っている洗濯ですが、やはり気を付けたいポイントはいくつかあります。

正しい洗濯の仕方を知って、上手に洗濯したいですね。

洗濯表示をチェック

まず、確認しておきたいのが、そもそも家庭の洗濯機で洗ってよいものかどうか、ということです。

洗濯物についている「洗濯表示」を確認しましょう。

洗濯表示は、通常衣服を着た時、左側についていることが多いです。

表示マークがいくつか並んでいますが、一番左に四角が表示されていれば、洗濯機で洗えます。

手洗い(おけのような形)表示がされている場合は、洗濯機の手洗いモード(またはおうちでドライクリーニングモード)などの弱い水流で洗うことが出来ます。

綿や合成繊維(ポリエステル、アクリル、ナイロン、ポリウレタンなど)は、通常家庭で洗濯できます。

ただ、これらの素材でも、繊細なものは洗濯機を避けた方が良い場合があります。

洗濯表示で手洗いおけに×印がついていて、「ドライ」のマークが表示されていれば、基本的にはドライクリーニングに出した方がよいでしょう。

洗剤を正しく選びましょう

洗濯表示に「中性」という表示が書かれていれば、中性洗剤(手洗い用、毛糸洗い用などと呼ばれている洗剤で、たとえば商品名で言うと「アクロンやエマール」など。

洗剤の裏面の表をよく見ると、中性洗剤と書かれています。)を使用しましょう。

通常の洗濯で使用するものは弱アルカリ性なので、正しく選んでくださいね。

最近は洗濯表示に「ドライ」マークが書かれているものでも、洗濯機の手洗いモード(またはおうちでドライクリーニングモード)を使って中性洗剤で洗えるものもあります。

どのようなものが家庭で洗濯可能かは、中性洗剤のパッケージに書かれていますので、よく読んでみましょう。

麻、毛(ウール)、絹(シルク)、羽毛(ダウン・フェザー)などは、基本的に家庭での洗濯は縮んだり、型崩れしたり、風合いが変わったりなど失敗しやすいです。

はっきりと「家庭で洗えます」とうたっている商品以外は、避けた方が無難です。

色落ちするものと白いものを分ける

最近の衣料は昔と違い、色落ちするものが少なくなりました。

また、全自動洗濯機は比較的水に浸されている時間が短く、白いものが染まってしまう失敗は少ないです。

ただ、色落ちしやすいと洗濯表示に書かれているものや、購入後初めての洗濯で見るからに色落ちしやすそうなものは、白いものと分けて洗った方が無難です。

ボタンは外す。ポケットのチェック

ボタンをとめたまま洗濯機に入れると、繊維が傷んでしまいます。

また、ポケットにティッシュやボールペンなどが入ったままになっていないか、チェックしましょう。

汚れのひどいものは予洗いする。

シャツの襟やそでについた汗じみは、通常の洗濯だと落としきれないことがあります。

洗濯し終わった後で、追加で手洗いすると、またすすぎも自分でしなくてはならないので、結構面倒です。

とくに汚れのひどい部分や汚れのひどい洗濯ものだけを、洗濯前に洗面台などで洗剤をつけて軽くもみ洗いしておき、その後通常の洗濯をすることで、きれいに汚れが落ちます。

掛け布団シーツの襟元なども、同様に予洗いしておくと、すっきり落ちます。

シャツなどの襟元に塗るだけで、汚れを落としてくれる便利な部分用洗剤もあるので、洗濯直前に塗っておくと効率的です。

軽いしみなら酸素系部分漂白剤を

油汚れやコーヒーのしみなどを見つけたら、洗濯機に入れる前に洗剤を付けてもみ洗いしておくか、洗濯直前に使う酸素系の漂白剤を塗りましょう。

漂白剤は繊維により色落ちなどがある場合があるので、説明書をよみ、心配なら目立たない部分で試してみましょう。

繊細なものは洗濯ネットに入れる。

洗濯もの同士がからまりあい、引っ張り合うことで繊維が傷んでしまいます。繊細なものは洗濯ネットに入れて、優しく洗うようにしましょう。

一つ一つ洗濯ネットに入れなくても、大きなネットに何枚かまとめて入れるのでもよいですが、とくにデリケートなもの(レースのついた下着やブラウスなど)は小さなネットに一枚ずつ入れるほうがいいです。

柔軟剤のはたらき

最近は様々な香りの柔軟剤が増え、選択肢がひろがっています。

柔軟剤には、もちろん香りを楽しむ働きもあるものの、それ以外にもいろいろな働きがあるのをご存知ですか?文字通り繊維を柔らかくする作用があり、洗いざらしてちょっとごわごわしてしまったタオルも、ふっくら仕上げてくれます。

それに、静電気を防止するので、冬にセーターを着るときなどのいやなパチパチも防止してくれるし、あらたにほこりがつくのも防いでくれるんです。

洗濯後の柔軟剤は、じつは働き者なのです。柔軟剤を後で使うのが面倒な場合は、柔軟剤入り洗剤も色々と発売されているので、試してみると良いですね。