夏場になると多くの方が海やプールに出かけますし、近年では温水プールも比較的多くなっていますので何かと水着が必要なる機会が増えているのですが、それが水着の洗濯や乾燥などの問題を発生させそれに頭を悩ませる方も増えているものの、実際にはポイントを押さえておけば大きな問題ではないと言われています。

水着は手洗いと洗濯機どちらがいいの?

まず水着と言う物は原則として洗濯機で洗ってはいけないとされていて、水着に付いているタグにも洗濯機はNGだと表記されている事が多く、基本的に水着は手洗いするものです。

なぜかというと水着に使われている素材は型崩れしやすいですし、特に女性の水着はフリルやリボンなどの装飾が付いているデザインが多くなっていますので、他の洋服と擦れてしまうとボロボロになってしまったりなどの弊害が出てくる可能性くなります。

また、水着が他の洋服に絡んでしまうとほどく時に伸びてしまう可能性がありますし、色移りなどにも気を付ける必要があることから、基本的に洗濯機で水着を洗ってはいけないのです。

なお、どうしても手洗いが面倒なので洗濯機を使いたい場合ですが、この時には水着を裏返して洗濯ネットに入れ手洗いコースで洗うと共に、一緒に入れる洗濯物を無くすか減らすかした上で自己責任になるとされています。

水着の正しい洗濯方法は?

水着の正しい洗い方になるのは実は水着を脱いだ直後からポイントがあるとされていて、まず海でもプールでもその場で水洗いする必要があり、海ならば砂や小さなゴミが付着している事が多いですしプールの場合は塩素の影響で色落ちしたり生地が傷んでしまう事があります。

なのでできる限り被害を抑えるためにその場で水洗いしてしまう事がオススメされていて、その後はタオルで挟み可能な限り水分を取り除き、乾いたタオルで包んで持ち帰る事が重要です。

そして自宅についたならば手洗いをするのですが、この時には水かぬるま湯で優しく押し洗いする事が良いと言われていて、水着に使われているポリウレタンは一度変形してしまうと元に戻りにくいので、強い力でゴシゴシと洗ってしまうと生地が傷みますし型崩れしてしまいます。

また、同様の理由で水着を絞ってしまう事はいけないとされていますので、とにかく水着を洗った際にはタオルで挟んで水気を取ると言う事が大事です。

水着の洗濯で使える洗剤と干し方は?

基本的に水着は水かぬるま湯で押し洗いするので洗剤は必要ないのですが、汚れがひどい場合や塩素の臭いが気になる時には洗剤を使う事も悪くは無いとされていて、一般的な洗剤ではなく中性洗剤で洗う事が良いと言われています。

例えば、一般的に市販されているおしゃれ着用の洗剤などは水着と似た特徴を持っているおしゃれ着に使える洗剤というだけはあり大きな問題は起こりませんし、手洗いする事を考えると刺激が少ない事は大きなメリットです。

なお、一般的な洗剤で洗ってしまった場合には水着が劣化してしまう可能性が高くなる事や、漂白剤などを使ってしまうと色落ちの他に手が荒れてしまうなどの問題も起こりますので、水着を洗う時に洗剤を使うのであれば絶対に中性洗剤のみを少量だけ使う事がカギになります。

そして干し方のポイントになるのは形を整えて陰干しすることになりますが、女性用の水着の場合は肩ひもなどをつまんで干してしまうと伸びてしまう可能性がありますので、脇の部分かアンダーバスト辺りをつまんで干すようにした方が良いです。

水着のは乾燥機を使ってもいいの?

水着をいち早く乾かしたい時には乾燥機を使用する事を考える方もいらっしゃいますが、基本的に水着に乾燥機は厳禁だとされていて水着が縮んでしまう事もあれば劣化が早くなってしまう可能性もあります。

また、乾燥機ではなくドライヤーで乾かすことも同じような理由で良くないとされていて、原則として水着は自然乾燥以外の方法で乾かしてはいけないと言われ、実際には水着のタグを見ても陰干しが推奨されている事が多いです。

なので基本的には陰干しで乾かしてしまう事が良いのですが、どうしても早く乾かす必要があるのならば水着をタオルで包んで上から踏むという方法がオススメされていて、具体的には二枚のタオルで挟んだ水着をクルクルと巻いてそれを踏む形になります。

この方法ならば手で押しただけでは取り切れない水分を取ることができるので自然乾燥も早くなりますし、水泳の選手が使用しているような吸水性の高いタオルであれば一層効果的です。

また、水着を直接乾燥機に入れる事はダメだとされていますが間接的ならば特に問題はないとされていますので、部屋の中に干してエアコンの風を当てれば早く乾きますし、例えば浴室を乾燥させる機能の付いたバスルームなどを利用できるなら、その機能を使って浴室に干してしまえば陰干しよりも早く乾く可能性は高いとされています。