洗濯物が生臭くなる考えられる原因は?

洗濯物が生臭くなったり、酸っぱいニオイがするようになるのは、洗濯物についた『雑菌』が繁殖してしまうことが原因です。

雑菌というと衛生上に問題がある『ばい菌』などを連想するかもしれませんが、ニオイの元になるものは一般的に害のある『ばい菌』や『カビ』などといった特定種類の菌だけではなく、人間が生活する圏内で発生するありとあらゆる菌(故に様々な菌という意味で『雑菌』と呼ぶのです)がニオイの元となります。

とくに人間からでる皮脂、ホコリ、髪の毛などは雑菌が繁殖する絶好の餌場になるので、それらがつきやすい洗濯物は格好の繁殖元でもあり、洗濯によってそれらを取り除いたとしても部屋干しする部屋の中にそれらが残っている場合だと、そこから雑菌がうつってしまういやすくなるので『部屋干しすること』自体が原因になることもあります。

通常天日で乾かす場合は

『一定時間太陽光線に含まれる紫外線にさらされること(紫外線による殺菌・減菌)』
『同じく赤外線であたたまり雑菌の繁殖しにくい温度になること』
『湿度の低い屋外で短時間で乾燥に至ること』

以上の点で雑菌の繁殖を抑えることができるのですが、部屋干しの場合そのどれもを満たせなくなってしまうため余計にニオイの元である雑菌がよけい繁殖しやすくなってしまうのです。

また天日で干しているにもかかわらず生臭さが残る場合は、洗濯の最中でも雑菌に触れている可能性があります。

可能性として最も高いものは『洗濯槽の内側に残る雑菌、外側に繁殖したカビなど』が考えられます。

洗濯機も長年使用しているうちに雑菌が繁殖し、例え槽内を定期的に掃除したとしても見えない槽の外側などにカビがびっしり生えている…なんてこともよくあるからです。

分解して掃除できればそれが一番なのでしょうが、素人が洗濯機を分解し、槽の内外をまんべんなく掃除することは実際には無理でしょうから、そのような場合は後述する方法を用いて洗濯槽を洗浄することをおすすめします。

例え雑菌が生臭いニオイのもとになっていることが分かったとしても、菌自体を根絶することはできません。

納豆菌や乳酸菌など役に立つ菌もあれば、人間が生きていく上で必要な菌も我々の生活の中に多く存在しているからです。

洗濯物が生臭い時の対処法は?

高温乾燥

一回生臭いニオイが付いてしまうと何度洗濯しても落ちなかったり、他の洗濯物にもニオイが付いてしまったりとなかなかにやっかいです。

手っ取り早い手段でニオイを落とすには『洗濯物を高温で乾燥』するのが一番です。

生活圏内に発生する雑菌のほとんどは50~60度前後の温度で死滅するので、洗濯機に乾燥機能がついていればそれを使用し、なければコインランドリーなどの乾燥機を使ってニオイの付いた洗濯物を乾燥しましょう。大抵の場合はこれでニオイを取ることができますし、衣類についた雑菌を減らすことができます。

バスタオル一枚程度であれば、ファンヒーターなど『高い温度の風がでて燃え移る心配のない暖房器具』のそばに干して乾燥することでもニオイを取ることが可能です。

煮洗い

ですが長年使用した綿シャツやタオルなどは、高温乾燥したとしてもニオイの取れないものもあります。

そういった場合は重曹を入れた熱湯で衣類を煮ることで洗浄と殺菌を行う『煮洗い』が有効です。

方法は『重曹を入れたお湯に洗濯物を浸して20~30分煮るだけ』なので特に難しい作業ではありません。

分量は『水1リットルに対し、重曹大さじ1杯程度』で、お湯が沸いた後に重曹を入れた方が効果は高くなりますが、重曹を熱湯に入れると泡立ちが起こるので吹きこぼれたりしないよう投入の際は充分注意しましょう。

よくかき混ぜて重曹をお湯に溶かした後、一端火を止め洗濯物をお湯に浸し、再度火をかけて20~30分程度煮洗いを行ってください。

洗い終わったらしっかりとすすぎ、天日で乾燥させればニオイはもちろんしつこい汚れもキレイに落ちていることでしょう。

重曹では落ちないような強い汚れとニオイがするものの場合は、重曹の代わりに粉石けんや通常使っているアルカリ系洗剤を使って煮洗いをおこなうとよいでしょう。

ただ煮洗いにはいくつかの注意点があります。

色落ちしやすいので『白い物と色つきの物』は必ず分けて煮洗いをおこなうようにしてください。色落ちの起こる可能性のある衣類は、例え色移りが起こってもいいように同じ色同士の物に限定しておこなうか、個別に煮洗いをおこなった方がよいでしょう。

高温に弱い素材である『化学繊維、ポリエステル』の衣服、アルカリ(重曹や洗剤)に弱い『シルク、ウール、プラスチック(ボタンなど)』といった素材を使った衣類は、傷む可能性があるので煮洗いはしない方がよいでしょう。

また『洗剤を使った煮洗い』をする場合は『ステンレスやホーローの鍋』を使用するようにしましょう。重曹ぐらいでしたらアルミ鍋でもそれほど支障はありませんが強いアルカリ性の洗剤などではアルミ鍋が変色する可能性があるからです。

洗濯物を部屋干しする時に生臭くならないための注意点は?

部屋干しする空間の雑菌を減らす

まず洗濯物を干す部屋の雑菌を減らす必要があります。

通常生活するだけで発生するホコリなどはもちろん、子どもの食べこぼし、食卓の汚れ、ゴミの詰まったごみ箱などは雑菌の温床となります。

毎日掃除機をかけるのはもちろん、食前食後にはしっかりとテーブルを水拭きし、ごみ箱も溢れる前に中のゴミをゴミ袋などに捨てて人通りの少ない場所にゴミの日まで保管しましょう。

また梅雨時期から夏場にかけては湿度が高くなるため部屋干し中の洗濯物に雑菌が繁殖しやすくなります。

ですので定期的にエアコンの除湿機能や除湿器を使って、洗濯物を干す部屋の湿度を下げておくのも有効な手段です。

洗濯機内の雑菌を減らす

以上のように部屋の環境を整え、雑菌が増えないように掃除を欠かさずしているにもかかわらず、洗濯物から生臭さを感じる場合、洗濯機の槽自体が汚れている可能性があります。

テレビコマーシャルなどでも見たことある方はご存じかもしれませんが、洗濯槽の汚れは内側よりも見えない外側の方に多く発生します。

最近は洗濯機も進化し、簡易槽洗浄機能のついたものやカビの発生しにくい槽を採用した洗濯機も普及し始めていますが、それでも長期間使い続けるとどうしてもカビなどの発生をまぬがれることはできません。

定期的に洗濯槽の洗浄を行うことでニオイの発生源であるカビを落とすように心がけましょう。

100均やホームセンターでも洗濯槽洗浄用の洗剤を購入することはできますが、まず100均で売っている洗浄剤は洗浄力が非常に低いため使ってもほとんど効果がありません。

ホームセンターで購入できる500円前後の物ならそれなりの洗浄力を期待してもよいのですが、頑固な汚れにならないよう1~2ヶ月ごとに使用しないと意味がないでしょう。

1回の槽洗浄には長い時間(洗濯機によって異なりますが12~14時間程度)が必要なので、1ヶ月ごとにおこなうのは時間的に少し厳しいかもしれません。

1ヶ月毎に洗濯機を掃除するのは無理という方や、上記の洗浄剤を定期的に使っていてもなお洗濯機から洗濯物にニオイが残るようであれば年に2回程度『日立 洗濯槽クリーナー SK-1』『パナソニック 洗濯槽クリーナー N-W1』『東芝 T-W1 塩素系 洗濯槽クリーナー』といった強力な洗浄剤を使うとよいでしょう。

名前とメーカーがそれぞれ異なりますがどれも『ユシロ化学工業』製の槽洗浄剤で、中身はまったく同じ物なので洗濯機のメーカーを問わず使用することができます。

『槽洗浄モード』のついている洗濯機ならその手順通りに、ついてない洗濯機の場合は各洗剤についている説明書通りに使用して洗濯槽の掃除をおこなうとよいでしょう。