梅雨時や雨降りの日、また仕事やレジャーから帰宅する時間が遅いために洗濯物を外に干せないなんてことありますよね。

実際に、干す場所もなく、こっそりとわずかな屋根の下に干してみたところで、まったく乾かずお天気の日にまた洗濯しなおすなんてこともあります。

毎回は大型のコインランドリーは使えないといった方も、多いはずです。

家族の人数が多ければ多いほど、乾かない洗濯物は増えていき、あの嫌な臭いに蓋をして生乾きのまま着ていくなんてこと、ありませんか?

こうした時にとにかく、気になるのは匂いですよね。

独特のあの嫌な臭いは、自分が不快なだけではなく、満員電車の中や周りの人に対しても心配になるところです。

今回は、そんな嫌な生乾きの匂いを簡単に防ぐ方法についてお伝えします。

明日の天気をチェック

当たり前ですが、明日になってお天気に合わせると朝から雨ふりだったり、どんなに晴れていても雨になってしまってからでは対策が間に合いません。

必ず天気予報を見ておきましょう。

明日が確実に雨の場合

家族の入浴を済ませたら、直ちに洗濯を始めます。

これは、湿ったまま洗濯したいものを放置しておくと、見えないカビや匂いのもとになるからです。

明日の朝に洗濯を始める場合でも、必ず使って湿ったりしたバスタオルなどは他のものとは一緒にせず、タオル掛けやハンガーなどに掛けておきましょう。

衣料用漂白剤を併用

あらかじめ室内星になりそうな場合や、乾いている時には気にならなくても、濡れると少し嫌な臭いがするというものを洗う時には、必ず色柄物に適した医療用漂白剤をあわせて使います。

この時の量は、説明書に沿って加減しますが、梅雨時などで度々連続して使う場合は減らします。

これだけでもかなりの効果が得られますが、出来ましたら、通常の洗濯洗剤も粉末タイプではなく、液体のタイプの方が効果は高いでしょう。

洗濯洗剤を使う場合にも注意が必要です。

綺麗にしたいからと言って、決められた量よりも多く使うのは厳禁です。

なぜなら、洗濯洗剤が衣類に残り、かえってカビの原因となるからです。

洗い上がり、いい香りだからといって安心しないでください。

また、すすぎもしっかりしましょう。

しっかりと脱水をする

いつもは洗濯機のおまかせボタンや一般的なコースを選ばれている方も、脱水時の時間設定を1分ほど長くします。

たったこれだけの時間を延長するだけで、かなり水分を飛ばすことができます。

余分な水気、湿気をあらかじめとばすことは早く乾かすことにもつながります。

早く乾かすということは、嫌な臭いを寄せ付けない結果になります。

室内に干しは、乾かす場所に注意

致したなく室内干し、でも、乾かす場所は大丈夫ですか?

キッチンの傍ではないでしょうか?キッチンからは当たり前ですが、料理の際に匂いが出ます。

また、場合によってはその食材があるだけで匂いがうつってしまう場合があります。

乾燥しやすい風の流れる場所は望ましいですが、せめてキッチンまわりに干すことは避けてください。

干す場合のポイント

洗濯を乾かす際には、隙間に注意します。

いかに風の流れをつくるかというポイントを守ってください。

ピンチを利用する場合には、干す量にもよpりますが、きちんと隙間をつくりましょう。

またスペースが許されるのであれば、洗濯物同志の感覚を空けましょう。

外の状態が、大変湿気ていたり本来の日照時間を超えた場合以外は、風に当てます。

天気が回復したら迷わず外に洗濯物を一気に出しましょう。

外の状態が、大変湿気ていたり本来の日照時間を超えている場合以外は、お日様や自然の風に当てます。

室内でも空気が流れるフアンや扇風機を当てるのも良いでしょう。

洗濯乾燥機や、大型コインランドリーも利用

既に洗濯物をいかに早く乾かすか?早く乾くことが、嫌な匂いを寄せ付けないポイントであることは話しました。

これ以上長引く雨には乾燥機の利用は有効です。日中乾ききらなかったものを10分20分かけて完全に乾かすことは効果があります。

洗濯機を日ごろから掃除

日ごろから洗濯機のおそうじを、ついつい後回しにしていませんか?

一見私達の目からは綺麗に見えます。実際に、直接、洗濯槽の匂いを嗅いでみても鼻につくわけではありませんし、よく分かりませんよね。

しかし、洗濯槽の裏は私たちが思っているよりもずっと汚れているのです。まめに専用の洗濯機クリーナーで掃除をしておきましょう。

この時注意しなければならないのは、洗濯機がドラム式か回転式かでクリーナーのタイプが分かれています。

購入する際は、きちんと確認をしましょう。

お手入れをまめにすると、洗濯機で乾燥をかける際にも嫌な匂いが移りませんよ。

 
以上、お洗濯の順を追って、説明してまいりました。

ここに載せたのは、実に簡単なポイントばかりです。

どうぞ、これからやって来る梅雨に落胆せず、日々の家事をがんばりましょう。

もう、人前に出ていくときの不安も解消です。