スカートはどれ位の頻度で洗うものなの?

スカートという衣類は、毎日洗うべきではありません。

基本的には、使用してから5回程度のタイミングで洗濯するべきなのです。

衣類は、頻度多く洗濯すれば良い訳ではありません。

あまり多くの頻度で洗濯してしまうと、かえって衣類を傷めてしまうからです。

スカートは、特に傷みやすい傾向があります。

数ある衣類の中でも、比較的デリケートな方だからです。

したがって毎日洗濯すると、状態が微妙になってしまう事はあります。

だからと言って、洗濯頻度があまり少ないのも問題です。

洗濯回数が少なければ、やはり衣類の状態は微妙になってしまいます。

スカートの場合は、やはり上述の「最終着用してから5回程度」で洗濯するのが一番良いでしょう。

スカートの正しい洗濯方法は?

スカートの正しい洗濯方法は、その衣類に対する表示次第です。

手洗いのみが望ましいスカートでしたら、手で洗うべきなのです。

しかしスカートによっては、ドライコースでも問題ない事もあります。

スカートの洗濯方法に関する様々な表記

そもそもスカートに対しては、必ずタグが付けられています。

どういう方法で洗濯すれば良いのか、独自のイラストで表現されているのです。

例えばスカートによっては、手洗イと表記されています。

洗面器のようなイラストが書かれていて、上の部分に手洗いと書かれているのです。

そうかと思えば、「弱」と表記されているスカートもあります。洗面器のイラストではなく、洗濯機のようなマークが印字されていて、弱という文字が中央部分に書かれているのです。

上記のどの表記に該当するかにより、最適な洗濯方法も変わってきます。

スカートに対する押し洗いの方法

それで手洗いと表記されているスカートの洗濯方法は、主に2つあります。

その内の1つが押し洗いです。その具体的な手順は、次の通りになります。

まずは洗面器に洗濯液を入れて、たたんだスカートも入れます。

その際に、汚れ部分は上に来るようにします。

次に手のひらで、スカートを上から押すのです。

その後でスカートを洗面器の水面部分まで持ち上げます。

その作業を、20回から30回ほど繰り返す訳です。

その際に、あまり力を入れるべきではありません。

あまり乱暴に洗濯してしまいますと、スカートに負担が生じてしまうからです。基本的にはソフトに押し洗いするのが望ましいです。

生地が薄いスカートはアコーディオン洗い

スカートによっては、生地が少々薄い状態になっています。

いわゆるシフォンスカートなどは、生地が少々薄めですから、少々デリケートなタイプなのです。

そのタイプのスカートは、アコーディオン洗いが望ましいでしょう。

同じく洗面器の中に洗剤を入れて、スカートも入れる訳ですが、その際には上から押す訳ではありません。

スカートを左右に軽く引っ張って洗濯する事になります。

引っ張った後には、また中央部分に寄せて、スカートを小さく縮めるのです。

そしてまた左右に引っ張るという、繰り返しの作業になります。

洗濯機を使用した洗い方

そして手洗いでないスカートの場合は、洗濯機を使うことになります。

タグに洗濯機のイラストが書かれているスカートでしたら、その家電製品で洗濯する訳です。

その手順ですが、まずはスカートを3回ほどたたみます。

プリーツスカートの場合は、折り目に沿ってたたむのが望ましいです。

たたんだ後には、洗濯用のネットに入れます。

その際に、あまり大きなネットに入れるのではなく、最適サイズにするのが望ましいです。

それで洗濯機の中に入れる訳ですが、乱雑に収納するのではなく、できるだけ平らに置くのが望ましいです。

そしてドライコースで洗濯をします。

洗濯が完了したら脱水をしますが、時間は30秒ぐらいが望ましいです。

あまり長すぎますと、スカートに負担が生じてしまう事もあるからです。

スカートの洗濯で注意する事は?

スカートの洗濯に関しては、いくつか注意すべき点はあります。

まず洗剤などは、よく確認しておくべきなのです。

またスカートの色によっては、単独で洗うのが望ましいでしょう。

そしてネットに関する注意点もあります。

色々な種類がある洗濯洗剤

洗濯用の洗剤と言っても、様々な種類があるのです。

蛍光剤の有無などは、その1つになります。

一般的な衣類の場合は、洗濯洗剤は主に2種類になるのです。

蛍光剤が入っているタイプと、そうでないタイプがあります。

また洗剤によっては、おしゃれ着用に特化したタイプもあります。

中性という表示がある時の最適な洗剤

スカートに対するタグによっては、中性という文字が書かれている事もあるのです。

そのようなスカートの場合は、洗剤には十分注意する必要があります。

基本的には、一般衣類用の洗剤は使うべきではありません。

スカートを痛めてしまう可能性が大なので、おしゃれ用洗剤を使うのが望ましいです。

中性という表記が無いスカートに最適な洗剤

では中性という文字が無いスカートの場合は、どの洗剤が望ましいかというと、衣類のタイプに左右されるのです。

いわゆる生成や淡色衣料の場合は、蛍光剤が入っていない洗剤を使用するのが望ましいでしょう。

そうでない洗剤を使用してしまいますと、型崩れなどが懸念されるからです。

逆にそれ以外のスカートの場合は、基本的にはどの洗剤でも構いませんが、蛍光剤が入っている洗剤が理想ではあります。

色によっては単独で洗濯すべき

このような洗剤に関する注意点の他に、色の問題もあるのです。

というのもスカートによっては、色が少々濃い事もあります。

その場合は、できる限り他の衣類と混ぜない方が良いでしょう。

というのも濃い色のスカートの場合は、他の衣類に色が移ってしまう事があります。

それで色合いが悪くなってしまう可能性もあるので、他の衣類と一緒に洗濯するというより、単独で洗うのが望ましいでしょう。

洗濯ネットの注意点

それとネットに関する注意点があります。

基本的にスカートは、洗濯ネットに収納するのが望ましいのです。

そのまま洗濯をしてしまいますと、型崩れする確率が高まってしまいます。

またスカートによっては、ビーズなどの装飾物も付いているのです。

その場合は、スカートを裏返しにすべきです。

洗濯の過程で、取れてしまう可能性があります。

またネットのサイズに関する注意点もあるのです。

そもそも洗濯用ネットと言っても、色々なサイズがあります。

あまり大きなサイズにしてしまいますと、スカートの状態が微妙になる可能性もあるので、最適サイズのネットに入れるべきでしょう。

スカートがしわにならない干し方は?

スカートを適切に干す為には、ピンチハンガーを使用するのが望ましいです。

なぜなら、スカートを筒型に干せるからです。また湿気があるタイミングで、ピンチハンガーで干すのが望ましいでしょう。

たたまずに筒型で干すのが良い

スカートという衣類は、筒のような形で干すのが望ましいです。

たたんだ形ではありません。

たたんだ形にしてしまいますと、シワが付いてしまう確率が高まります。

それで数ある洗濯用のハンガーの中には、多数のピンチが付いているタイプがあります。

そのピンチを使って、スカートが筒型になるよう心がけて干しますと、シワなども生じづらくなるのです。

乾燥しきっていない状態で干すのが望ましい

スカートをしばらく放置していれば、もちろん乾燥してきます。

スカートに対するシワを防ぎたい時には、その乾燥の度合いが大切なのです。

基本的には、スカートにあまり湿気が付いていない状態で干すのが望ましいでしょう。

ある程度湿気が取れた状態で干してしまいますと、どうしてもスカートに対してシワがつきやすくなるからです。

まだ湿気が少し残っているタイミングで、上記のピンチハンガーで筒型で干してあげますと、シワなどもつきづらくなる傾向はあります。