私は35歳、3児の子を持つ専業主婦です。

汚れ物が多いときは本当に大変ですよね。

私は毎日、平均2回3回洗濯機を回しています。

子どもがいるので、汚れものが本当に多いんです。
どうしてこんなにも汚れるのかと感心します。

しかしその一方で、洗濯をするこっちの身にもなってほしいですよね。
当たり前のようにみられがちですが洗って干して畳んで、本当に大変ですよね。

今回は、私が毎回良くやってしまう洗濯失敗談はこちらです。

ポケットの中身を確認するのを忘れる

これってだれもが一度は体験し失敗したことがあることではないでしょうか?

ポケットの中をついつい確認せず洗濯機の中へ。

ポケットの中にはティッシュだったり紙やレシートが!!

洗濯機が終わり扉を開けたら洗濯物には細かいゴミがいっぱいついてたなんてことありますよね?

洗濯機は詰まるし服に付いたゴミは取れないし、また洗濯のやり直しで忙しい主婦には時間の無駄になってしまいます。

それと私はこんな物までやってしまったことが数回あります。

それは、

子どものオムツ

洗濯物に紛れ込み一緒に洗濯をしちゃったことがあるんです。

それはもう大変でした。
オムツの中の粒子が飛びだし、服やタオルにベッタリとゼリー状の物がついているんです。

なかなか取れなくて本当に苦労します。

そして結果、我が家は洗濯機が使えなくなりました。

業者さんを呼び、みて頂いた結果オムツを洗濯機にかけてしまったことで粒子が水分を吸ってしまい膨張し洗濯槽の穴という穴に詰まってしまったのです。

保証期間ということもあり無料で直すことはできましたが、もぅこんなことがあってはいけないと洗濯機を回す前にはしっかりポケットの中身やオムツを一緒にしちゃっていないか確認するようにしています。

しかし、子どもたちはそんなことなどおかまいなく何回注意しても、ポケットにいろいろ詰め込んで洗濯機に入れてくれます。

ヒドイ物ではポケットからこんな物まで出てきたことがあります。

    ガム
    算数のテスト


    セミの抜け殻
    カブトムシの死骸

何も知らず何回失敗し、何回驚いたことか。

坊主3人の悪さには母もノックアウトです。

しかし、洗濯は生活をしていく中で大事なことなので、こんなことには負けてなんかいられず毎日洗濯をしなければいけません。

大変なことではありますが、やはり毎日家族の汚れた物を洗濯し、太陽の下で干したあとの洗濯物はいい匂いがして気持ちいいですね。