洗濯機で洗える布団の確認方法は?

洗濯機で洗える布団を確認するには、2つのチェックポイントがあります。

1つは布団のサイズ、もう1つは素材です。

どんな素材の布団でも、洗濯機に入らないサイズは洗えません。

布団の厚みやサイズが、洗濯機の容量と合っているか

布団の厚みやサイズが、洗濯機の容量と合っていないと、布団を洗濯機の中に入れることができません。

洗濯機の取扱説明書を見て、布団コースがあるか確認します。

布団コースがあれば、コースの説明と一緒に、布団の洗濯可能サイズが書いてあります。

洗濯機の取扱説明書に、布団サイズの記載がなかったら?

洗濯機の取扱説明書に、布団サイズの記載がない場合、洗濯機の容量と、布団のサイズを調べます。

洗濯機の容量が5kgであれば、シングルの肌掛け布団が目安です。

シングルサイズであっても、厚みのある布団は入りません。

洗濯機の容量が7~8kgくらいなら、セミダブルの肌掛け布団が目安です。

厚みによっては、シングルサイズの掛け布団が洗えます。

洗濯機の中に布団が入ったとしても、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ状態では、洗濯できません。

洗濯の際に、水の中でゆったり布団が回るくらいの隙間が必要です。

布団と洗濯機のサイズを確認したら、次は布団の素材の確認です。

水洗いできる素材の布団は、洗濯機で洗うことができます。

布団のタグで、布団の素材と洗濯方法を確認する

布団のタグをチェックして、洗濯表示を探します。

洗濯機マークがあれば、洗濯機洗いの布団コースで洗うことができます。

水洗い表示が×になっているものは、水につけるといたんでしまう素材です。

家庭では、洗濯機洗いも手洗いも水を使って行うため、洗濯できません。

ドライマークの布団も、水洗いしてはいけない素材です。

家庭で洗わず、クリーニング店に洗濯を依頼します。

洗濯機で布団を洗うのに必要なものは?

洗濯機で布団を洗う時、次の3つが必要です。

布団用の洗濯ネット

洗濯機で洗濯するときは、布団用の洗濯ネットに入れてから洗います。

布団用の洗濯ネットは、ホームセンターやドラッグストアなど、家庭雑貨を販売しているお店にあります。

家電量販店で、洗濯機にジャストサイズの布団用洗濯ネットを販売していることもあります。

洗濯機の中に、広げたままの布団を直接入れることはできません。

洗濯機の中で布団がふくらんで、洗濯槽に引っかかるなど、洗濯トラブルの原因になります。

液体洗剤・おしゃれ着用の洗剤

布団を洗う時は、水に溶けやすい液体洗剤が最適です。

中性のおしゃれ着用の洗剤であれば、布団の素材を選ばす、羽毛布団も洗うことができます。

洗剤が布団の1か所にかかったり、水に十分に溶けていない場合、洗剤のついた場所だけ白くなったり、汚れ落ちが悪くなります。

布団干しができる場所を確保する

布団を広げて干せる場所か、布団の入る乾燥機を見つけておきます。

洗濯後の布団は濡れているので、意外と重くなります。

ふだん布団干しをしている場所でも、洗濯で重くなった布団は干せないことがあります。

濡れた布団を持ち運べるか、実際に干すことができるか、段取りを考えておきましょう。

洗濯竿を二本使って、布団全体を広げて干せる場所があると、洗濯後の乾燥が早くなります。

洗濯後の布団が乾燥するまでは、普段の洗濯より時間がかかります。

天気が良くて、時間に余裕のある日を選んで洗濯しましょう。

布団を洗濯機で洗う正しい方法は?

布団を洗濯機で洗う時、5段階で行うとうまく行きます。

前処理

布団を洗濯機に入れる前に、広い場所に布団を広げて、汗ジミや皮脂汚れをチェックします。

シミや汚れを見つけたら、薄めた液体洗剤を含ませてから、洗濯機に入れます。

標準の水で薄めた液体洗剤を、スポンジに含ませて使うと効率的です。

洗剤付きのスポンジで汚れた部分をたたくようにすると、手早く洗剤がなじみます。

液体洗剤を水に溶かしておく

洗濯機の中に水をためて、液体洗剤だけを入れて、何分か回転させます。

洗濯機のコースによっては、あらかじめ液体洗剤を溶かす時間を設定できるようになっています。

布団をたたんで、洗濯ネットに入れる

洗濯ネットのサイズに合わせて、布団を折りたたみます。

空気を抜きながら布団を縦折にして、ジグザグにたたむと、洗濯ネットの形に合わせやすくなります。

汚れた部分や、前処理で液体洗剤を含ませた部分は、なるべく外側になるように折りたたみます。

洗濯機の布団コースで洗う

洗濯機のメーカーによって、「大物洗い」「毛布洗い」などの名前になっています。

5.脱水が終わったら、物干しで1~2日くらい干します。

布団の素材によっては、天気の良い日に2日くらい干さないと、中まで乾燥できません。

表面だけが乾いた状態で使うと、カビが生えたり、トラブルの原因となります。

布団を浴槽で洗う正しい方法は?

布団を浴槽で洗う時は、6つの段階に分けるとスムーズです。

熱いお湯を使わないのもコツです。

水温が高いと、布団の素材をいためることがあります。

1.布団を洗う前に、軽く全体を払って、表面のホコリを落としておきます。

シミや汚れを見つけたら、洗濯機洗いと同じように、前処理をしておきます。

2.ホコリをはらった布団をたたみ、洗濯ネットに入れます。

軽く水気を切ってから折りたたむと、布団が軽くなり、たたみやすくなります。

布団のサイズによっては、洗濯ネットなしで、折りたたんで洗ってもかまいません。

3.浴槽に水かぬるま湯をためて、液体洗剤をよく溶かし、洗剤液を作ります。

洗剤の濃度が均一になるよう、よく溶かすのがコツです。

洗剤の濃いところ、薄いところがあると、汚れ落ちが悪くなります。

4.洗濯ネットに入れたまま、布団を手でゆっくり洗剤液に沈めて洗います。

布団を洗剤液に沈める時、足で押しこむと危ないです。

布団が水を含んで、空気が抜けていくのを確認しながら、洗剤を含ませます。

布団が洗剤液の中に沈んだら、手で押し洗いするか、足で踏み洗いをします。

足で踏み洗いする場合は、軽く足の裏で押すようにします。

踏みつけたり、押し込むようにして洗うと、布団の中の羽毛が折れてしまいます。

5.すすぎ洗いをします。

浴槽の栓を抜いて、洗剤液を流します。

新しい真水をためて、あらためて布団を沈めて、すすぎ洗いをします。

2~3回真水ですすぎ洗いしたら、布団の水を切って、浴槽の縁を利用して脱水します。

1時間くらい、浴槽の縁にかけておくと脱水できます。

6.布団の水が切れたら、物干しまで運んで、1~2日干します。

洗濯後の布団の正しい干し方は?

洗濯後の布団は、3つのことに気をつけると、ふっくらした仕上がりになります。

直射日光を避けて、陰干しにする

直射日光が当たる場所に布団を干すと、布団の生地や素材が日焼けします。

羽毛布団の場合は、直射日光が原因で、羽毛がいたむこともあります。

物干し竿を2本使って干す

風が通りやすい形で、なるべく大きく広げて干します。

物干し竿を2本、間隔をあけて並べた上に、布団を乗せるように広げて干すと効果的です。

羽毛のかたよりを直しながら干す

羽毛布団の乾燥中は、羽毛のかたよりをお手入れします。

布団の中の羽毛は、羽毛が入った場所によって、乾く早さが違うからです。

羽毛が集まった部分をほぐしたり、布団を振って羽毛の場所をずらすと早く乾きます。

1~2日かかっても布団が乾かない場合は、布団乾燥機で仕上げるとすっきりします。