柔軟剤の匂いを長い時間残す洗濯方法は?

柔軟剤の匂いを残し長持ちさせるには、ちょっとした洗濯のテクニックが必要です。

洗濯をするときの洗濯物の量

柔軟剤の匂いを長持ちさせるためには、一度に洗濯する量に注意しなくてはいけません。

みなさんの中には、数日分の洗濯物を数日分まとめて洗濯機に入れる方もいるかと思います。

そうじゃなくても、もったいないからと、洗濯機の容量いっぱいまで洗濯物を詰め込む方も普通にいると思います。

ですが、この洗濯物の量1つでも、柔軟剤の匂いの残り方が変わってきます。

洗濯機に入れた柔軟剤が洗濯物全体によく浸透するように、洗濯物を洗濯機に詰め込みすぎてはいけません。

いっぱいまで詰め込んで洗濯機を回してしまうと、洗濯物と洗濯物の間の隙間に余裕がなくなってしまいます。

その結果、しっかり洗うことができないのはもちろんですが、柔軟剤もすべての洗濯物に十分に浸透しなくなってしまいます。

柔軟剤の匂いをしっかり残し、長持ちさせるためには、1度の洗濯の量に余裕を持たせることが大事です。

目安としては、お使いの洗濯機の洗濯槽の容量の7割~8割が限界ですので、洗濯する際は洗濯物の量には十分に注意するようにしてください。

柔軟剤を洗濯機に投入するタイミング

よくある間違った使い方として、柔軟剤を洗剤と一緒に入れてしまう間違いです。

柔軟剤を洗濯機に入れるタイミングは、「すすぎ」の時です。

柔軟剤入りの洗剤も売っているので勘違いしやすいですが、洗剤と柔軟剤は本来別物ですので、洗濯機に入れるタイミングも異なります。

最初は洗剤だけを洗濯機に投入し、「すすぎ」の前に柔軟剤を洗濯機に投入するようにしてください。

洗剤は「陰イオン界面活性剤」ですが、柔軟剤は「陽イオン界面活性剤」です。

この2種類を同時に洗濯機に投入してしまうと、効果を相殺してしまいますので、柔軟剤はかならず汚れも洗剤もきれいに洗い流し、新しい水を入れてから投入するようにしないといけません。

ただし、全自動洗濯機の場合は、きちんと専用の投入口に入れておけば、自動的に投入のタイミングで洗濯機に柔軟剤を投入してくれます。

洗濯物の脱水

柔軟剤の匂いを残し長持ちためには、脱水しすぎてはいけません。

普段、脱水の時間を意識する人は少ないと思いますが、この脱水の時間でも柔軟剤の匂いの残り方が大きく変わります。

先述しましたが、柔軟剤は「すすぎ」のタイミングで洗濯機に入れることになります。

すすぎながら洗濯物にたっぷりと柔軟剤を染み込ませますが、十分な脱水をしてしまうと水分をしっかりと抜いてしまいますので、一緒に水に溶けた柔軟剤の成分もしっかりと抜くことになってしまいます。

脱水時間を意識せずに洗濯機をコースで運転している方のほとんどが、「おまかせ」コースにしていると思いますが、この場合、脱水時間はおおよそ4分から7分になっています。これでは柔軟剤の匂いを残したい方の脱水時間としては長すぎます。

柔軟剤の匂いをしっかりと洗濯物に残すためには、脱水時間をなるべく短く設定してみてください。

具体的には、2分から長くても3分ほどの脱水で止めておくことがポイントです。

洗濯物の干し方

洗濯物ができあがると、ハンガーなどにかけてベランダや外に干すことが普通です。

ところが、この普通の干し方も柔軟剤の匂いが飛んでしまう原因になってしまいます。

洗濯物をベランダや外に干すと、日差しや風を受けることになりますが、この洗濯物が受ける日差しや風も、柔軟剤の匂いを飛ばしてしまう原因になってしまいます。

洗濯物に柔軟剤の匂いをたっぷり残すためには、外干しをせず、部屋干しをするか、乾燥機にかけることがポイントです。

ただし、部屋干しの時間が長すぎてしまうと雑菌が繁殖してしまい、こんどは繁殖した雑菌で生乾きの臭いが発生することになってしまいますので、部屋干しで乾燥する時間は注意してください。

また、どうしても外干しをしたい場合は、なるべく日の当たらない場所に干すようにしてください。そ

して洗濯物が乾いたら、素早く取り込むことも、柔軟剤の匂いを長持ちさせるテクニックの1つです。

また、これは時間のあるかた向けのテクニックですが、脱水後の洗濯物に柔軟剤を漬け置きすることでも、柔軟剤の匂いを残すことができます。

漬け置きの時間は30分から1時間ほどです。

漬け置いたのち、2分から3分くらい脱水することで、少し手間ではありますが、柔軟剤の匂いをしっかりと洗濯物に残すことができます。

この漬け置きが面倒くさいと言う方もいらっしゃるかと思いますので、面倒くさい方向けのテクニックもご紹介します。

「水で薄めた柔軟剤を直接衣類にスプレーしてしまう」方法です。

だいたい500mlの水に対して柔軟剤を15から20mlで薄めます。

スプレーは衣類全体にスプレーします。ただしこの方法は、間違えると衣類にシミを作ってしまいますので、十分に注意してスプレーするようにしてください。

最後に、柔軟剤の匂いをたっぷり残した洗濯物は、乾いたらすぐに畳むようにしてください。

洗濯物を干したままにしておくと、せっかく良い匂いをたっぷりしみこませた洗濯物から柔軟成分が空気中に逃げてしまいます。

干しっぱなしにせず、畳んだ状態にしておくことで、柔軟剤の成分を長持ちさせることができます。できるだけ、着る直前まで衣類は畳んだままにしておきましょう。

柔軟剤の匂いを残すために注意しておきたいポイントは?

上に書いたテクニックと重複するポイントも出てくると思いますが、柔軟剤の匂いを残すために注意しておきたいポイントについて記述します。

雑菌の繁殖を防ぐ

洗濯物は洗濯槽の中で「洗い、すすぎ、脱水」のすべての洗濯工程を進みます。

洗濯物はずっと洗濯槽の中にいるわけです。その洗濯槽が汚れていては、匂いを長持ちさせるどころか、嫌な匂いを発生させて柔軟剤の匂いを長持ちさせる邪魔になってしまいます。

洗濯槽クリーナーなどで、こまめに洗濯槽のお掃除をするよう心掛けてください。

洗濯物の量

上にも書きましたが、一度に洗濯する選択物の量が多すぎると、柔軟剤が洗濯物に十分に染み渡りません。

洗濯機に余裕があるくらいの量で洗濯するようにしてください。

柔軟剤の大量投入はしない

柔軟剤の大量投入は、繊維を痛めて衣類の風合いが変わってしまう可能性があるとともに、洗濯物にシミができてしまう可能性があります。

また、匂いが強すぎることにもなります。適度な使用量を心がけてください。

すすぎの設定をためすすぎ設定に

水を入れ替えてすすぎをすると、柔軟剤がどんどん洗濯機の外に流されてしまいます。

柔軟剤の流れてしまうと、柔軟剤の匂いを十分に洗濯物に残すことができません。

新しい水ですすぐのではなく、「ためすすぎ」をすることで、柔軟剤の流れすぎを防いでください。

脱水に入る前に少し時間をおく

より柔軟剤を洗濯物に染み込ませることができます。

脱水時間は短め

洗濯機におまかせして脱水してしまうと、柔軟剤の匂いを洗濯物にたっぷりと残すためには、少し時間が長すぎます。

通常、おまかせの場合は4分から7分程度の時間脱水をしますが、柔軟剤の匂いを残すためには、脱水時間を2分から3分にとどめてください。

部屋干しか乾燥機を使って洗濯物を干す

洗濯物に染み込んだ柔軟剤の匂いは、日差しや風を受けると、どんどん飛んで行ってしまいます。

柔軟剤の匂いを洗濯物に十分に残すためにも、部屋干しにするか、乾燥機で乾かすようにしてください。

乾いた洗濯物はすぐ畳む

着るまで畳んでおくようにしてください。

染み込んだ匂いの成分を逃がさないようにするコツです。