高額を出した衣類やお気に入りの衣類のシミや汚れが落ちなくて切ないとき、そんなときに利用したいのがクリーニングの汗抜きです。

クリーニングの汗抜きとは?

特殊技術を必要とするクリーニングの汗抜きとは、普通のクリーニングでは落とせない汗や汗の汚れなどが染み込んだ衣類をクリーニングすることで、一般のクリーニングとは別のクリーニング法で行われます。

汗抜きクリーニングを行う方法には、2つの方法があります。

一つは、水洗い可能な衣類の場合は水汚れに効く洗剤を加えて行うウェットクリーニングの方法で行なわれます。

この方法は、水洗いできない衣類も水の中に浸してやさしく洗うこともありますが、この方がドライクリーニングよりも汚れがよく落ちるのです。

水洗いできない衣類を、無理無理に水洗いする技術ですが、可能な限り風合いが変わらないように、そして、色落ちしないように洗う方法です。

汗抜きクリーニングの特別な溶液を加えて洗うことで、水洗いすると縮んだり色落ちや型崩れもせずに汚れを落とすことができます。

もう一つの方法の、水洗いできない衣類はドライクリーニングをするときに、ドライ溶剤の中に水溶性の汚れを落とす洗剤を加えて汚れを落とすという方法で行います。

通常、クリーニング店で行う方法は、ウールやスーツなどの水洗いすると型崩れを起こす可能性のある衣類の場合は、ドライクリーニングを行いますが、ただ、ドライクリーニングは油汚れには強い性質がありますが、ただ、水汚れには弱いのが欠点です。

そのため、徐々に蓄積された汚れがスーツをゴワゴワにして、素材の持つ風合いを損ねたり、臭いや黄ばみの原因になったりします。

綿でできている衣類などは特にドライクリーニングでは汗に対する、洗浄率が悪く、70%もの汗が残っているという検査結果まで報告されています。

水溶性の汚れを落とすには水を使って洗う方法がベストとしてウェットクリーニングの方法を行っているクリーニング店も多いです。

ただ、海外製品や染色が弱い衣類他、汗や水に弱くて濡れただけでも色が滲んできたりする衣類もあるなど、ウエットクリーニングができないこともありますから、クリーニングの汗抜きを依頼する場合は、クリーニング店に事情を言って相談してみるのも必要です。

正確に言うと染みと汚れは原因そのものが違いますから、汚れやシミをつけたときは、擦ったりせずに相談することをクリーニング店では勧めていますが、擦って頑固なシミにしてしまうことも多いです。

クリーニングの技術も進化して、満足度の高いクリーニングが行われるようになっています。

汗抜きクリーニングや、Wクリーニングやドライ&ウエットなどのように、汗ジミをキレイにすることを謳っているクリーニング店も増えていますから、汗や汚れが落ちなくて困ったら相談してみてください。

クリーニングの汗抜きをした方がいい理由は?

自宅での水洗いでも汗抜きは可能ですが、ただ、水洗不可の衣類のシミや汚れは家庭では無理なことが多いです。

また、目に見える黄ばやシミなどの汚れの程度よっては通常のクリーニングだけでは落とすことができず、クリーニングの汗抜きの専門の技術でないと落とせないものも多いです。

スーツやコート、ダウンジャケットなどの衣類は、ドライクリーニングになりますが、ドライクリーニングでは汚れや油性のシミなどは落とせますが、水を使わないクリーニング方法ですから、汗などの水溶性の汚れの場合は普通のドライクリーニングだけでは落とすことができません。

頑固に染み込んだ汗や汗の汚れなどは特にドライクリーニンだけではむずかしいものがあります。

また、シーズンが終わって衣類をしまう時に、汗が染み込んでいても見た目にはわからなくて気が付かず、そのままタンスにしまってしまうこともあります。

その結果、時間の経過と共に黄ばみが出てきたり、変色していて、次のシーズンに着られなくなるということもよくあります。

そのため、汗をかく夏場などに着たスーツや、目立つ汚れやシミがある場合はもちろん、目に見えなくてもYシャツからにじみ出た汗がスーツに染み込んでいることも多く、クリーニングの汗抜きに出してからしまうことをおすすめします。

汗抜きクリーニングは、ドライクリーニングの数倍手間がかかりますから料金も割高になりますが、高額な衣類を落ちなくなった汚れやシミでダメにしてしまう無駄が避けられます。

クリーニングの汗抜きの相場は?

通常のクリーニングとは特別な技術を使って行うクリーニング法で、通常のクリーニング代に、料金が加算されます。

汗抜きクリーニングの料金の相場は、ジャケットで500円前後、ズボンでも200円程度というクリーニング店が多いです。

ただクリーニングの汗抜きを行うには、ドライクリーニングの数倍手間がかかるので料金も割高になりますが、高級衣類を汗や汚れやシミでダメにすることなくきることができますから、結果的にお得になります。

クリーニング店によってさまざまなので、今一つわかりにくいクリーニングの汗抜きの料金ですが、あるクリーニング店での料金は、ポリエステル100%の素材のジャケットのばあい、食べこぼしなど5個×300円で1.500円となっています。

また、綿100%のオープンシャツの衿の機変2,000円となっています。

また、別のクリーニング店での料金表では、自宅で洗えないドライマークもプロの汗抜きダブル洗浄でスッキリ、サッパリできると謳っているところも多くあります。
そのような店の料金表では、次のような料金になっていますから、参考にしてみてください。

  • セーター、カーディガン、スカートパンツ、ブラウス、オープンシャツ
    通常洗い+wクリーニング:920円(+税)
  • ジャケット
    通常洗い+wクリーニング:1,535円(+税)
  • スーツ、ワンピース、コート、オーバー
    通常洗い+wクリーニング:2,455円(+税)

上記の例では、大きさやデザイン、素材によって、金額が違ってきますが、プロの手による汗抜きの技術でお気に入りの衣類を気持ち良く安心して着ることができます。

クリーニングの汗抜きはどれ位の頻度でした方がいいの?

クリーニングの汗抜きに出す場合、頻度というよりも汚れがしみこまないうちに、気が付いた時にすぐ出すのがおススメです。

そして、シーズンが終わって衣類をしまう前に出すのがおススメです。

また、コーヒーやお酒をこぼしたとか、汗をかいたときなどのほか、2,3回着ただけなのに何か臭うようなときなどはクリーニングの汗抜きに出すことをおすすめします。

高級衣類の風味を損なうことなく気持ちよく着ることができます。

シミや汚れの種類や汚れの程度によってはクリーニング店から断られることもありますが、そんな時は宅配クリーニングに相談してみてください。

宅配クリーニングでは専門の汗抜きの技術者がいるなど、汗抜きに力を入れている宅配クリーニングが多いです。

また、勤めの関係でクリーニング店が開いている時間帯に持っていけない人も多いですが、宅配クリーニングならお客様の都合の良い時間帯に持ち来てくれますから、汚れやシミをこびりつかせることなくすむのもメリットです。

汗抜きクリーニングを利用したお客様の声では、白のセーターの首回りの汚れが落ちなくて困っていたのですが、汗抜きクリーニングに出したら、驚くほどキレイになって帰ってきたとか、ベストな状態で戻ってきたなど、仕上がりに満足している声が多いです。

高額を出した衣類も汚れやシミがあったら台無しですが、気持ち良く着られるのが汗抜きクリーニングです。