昔に比べ、身近になったおしゃれ着洗い

現在40代の女性、専業主婦です。結婚20年目を迎えます。

結婚したての頃は、ニットのおしゃれ着洗いに相当失敗してきた私。

でも今回お話しする体験談は、主婦業歴も長くなるにつれて、そこそこ失敗しなくなっていた矢先の出来事でした。

ところで、現在出回っているニット製品の多くはウール100%というものは少ないような気がします。アクリル等の化繊が多く含まれていて安価で、お家でのおしゃれ着洗いが楽にできるものが多いんですよね。

コスパも良いので、気兼ねしないで自宅でお洗濯しようと思えるのも良い点ですね。

久しぶりに大失敗したニットのおしゃれ着洗い

そんなニットの自宅お洗濯にも慣れてきていたときのことです。

いつもは自分の中で、ウール100%、もしくは高価だったものや付属品がついているもの(スパンコールなど)は必ずクリーニング店におまかせするのですが、なぜかその日は、どうしてもすぐ翌日にはそのニットを着ていきたかったため、自宅でお洗濯っしてしまったのでした。

ネットに入れて、そしてもちろんおしゃれ着洗い用の洗剤を入れて、選択コースもドライで。

お洗濯が完了すると音楽で教えてくれるので、その時も音がなるものだとばかりパソコン仕事に熱中してしまいました。

仕事を終えてしまい、気付いたら洗濯にかかるはずであろう時間をはるかにオーバーしていたのでした。

私はすぐさま、洗濯機に行きました。

すると、中で水をたんと含んでビショビショのまま重くなっているニットがありました。

慌てて、再度1分だけ脱水を試みました。

洗濯機あるあるだと思いますが、少ない洗濯物で、水を含むととても重くなってしまったものだと、上手に洗濯機の脱水が回転できず困った!ということありますよね?我が家はドラム式に変えたばかりで、特にドラム式ではなりやすいと後で周りの友達に聞いたのでした。

さらに、かなり厚めのニットだったために、どうしようもなく水分を含んでしまいかなりの重さになってしまっていたのでした。

脱水でかなり縮んでしまうことを知っていた私は、1分だけの脱水で切り上げたのでした。

跡形もなく、2度と着れないサイズに

やってしまった!

ネットから大事なお気に入りのニットを取り出して泣きたくなりました。

そして、明日来たいと思った自分を責めました。

結局見事に縮んでしまい、お気に入りの1枚は2度と着れないことになってしまったのです。どんなに形を整えようとしても、引っ張っても、伸びることさえしませんでした。悲しい。

翌日は、とても寒い日の参観会でした。デザイナーもので、1枚でおしゃれに見えた大事なニットを着ていくことはできず、悲しい思い出になりました。

クリーニングのプロにおまかせする

以来、もうトラウマになり、必ずニットの製品はクリーニング店におまかせしています。

コスパの良い化繊の多いニット製品でも、重くないふんわりと軽いものだけを自宅で洗濯しています。

皆さんも、後悔する前に、プロにおまかせすることをおすすめします!