わたしは27歳、女、アルバイトをしています。

冬によく着るニット。ニットによってはそのまま普通に洗濯しても何も問題のないものもありますが、そうでないものもあります。

わたしがニットの洗濯で失敗したのは、今まで何も問題がなかったのですが、新しく服を買い、その服を初めて洗濯した時です。

ニットが洗濯で縮むとは聞いたことはありましたが、今までそんなこと一度もなかったので、何もきにしていませんでした。

でも、その新しい服を洗い終え、洗濯物を干そうとした時、すっごく縮んでいることに気が付きました。

慌てて伸ばして干してみましたが、もう手遅れで、子供サイズかと思うくらい縮んでしまいました。

お気に入りだっただけに、かなりショックでした。わたしには子供はいないし、もう誰も着ることはできなくなりました。

その時、ニットってほんとに縮むんだ!と思いました。

服の洗濯表示を見たら、洗濯機ではなく手洗いの表示があり、これ、もう一度水につけてたら元に戻るかな?と思ってつけてみましたが、ダメでした。

なぜ、手洗いでは縮まないのに、洗濯機では縮むのか、そこが疑問なのですが、使う洗剤にも問題があるのかもしれないと思いました。

粉洗剤と柔軟剤、2種類使うと縮むけど、ボールドとかから出ている、1つ入れるだけでいいもので洗うと縮まなかったり。

おしゃれ着洗剤とかがあるように、服の素材によって、洗濯方法だけじゃなく、洗濯洗剤にも気をつけないといけないなと思いました。

それからは、ニットはもちろん他のものもなるべく服についてる洗濯表示を見るようにしています。

さすがに手洗いは面倒なのでしませんが、縮みそうなニットを洗う時は、洗いたいニットだけを洗濯機にいれ、ニット専用の洗濯洗剤をいれるようにしています。

ほかの洗濯物も一緒にいれてしまうと、量が多くて余計にぎゅっとなり縮んでしまうのではないかと思ったからです。

ニットはニットだけ洗濯するようになってからは、ニットが縮むといった失敗はおきていません。

女性ならではかもしれませんが、下着のブラのホック部分が、ニットにひっかかることを経験している人は多数いると思いますが、別々に洗うことによってそれもなくなります。

タイツや薄手のシャツなどが、洗濯によってニットと絡んでしまい、引っ張って取ろうとした結果、ニットの糸が伸びてしまうということもなくなります。

もし、別々に洗うのがもったいないということなら、ニットを大きめの洗濯ネットに入れて洗うのも、縮みや絡み、ひっかかりなどを防いでくれます。