私は30代後半の主婦です。

最近の洗濯で失敗したのは子供服を洗った時のことです。

主人の黒いTシャツと子供の白いTシャツを一緒のネットに入れて洗ったのですが、洗い終わって見てみると黒と白がいい感じに入り乱れたチェック柄のシャツに色移りしてしまいました。黒いTシャツの方はそのままです。子供の白いTシャツが被害にあいました。

今思えば主人は汗っかきなので、汗をかいた状態でネットに入れていたのだと思います。

そこで子供が白いTシャツを追加し、数時間置いているうちにすでに色移りしてしまっていたのではないかと思っています。

そうではないと考えられないくらい、プリント印刷でもしたかのような感じでした。

ぱっと見だとイケてるようにも見えるチェック柄だったため、「もしかするとこういう柄っていうことにして着せられるんじゃないか?」とも考えました。

しかし、子供が不憫かなと思い直したというのと、よく見るとTシャツ全体に柄が映ったわけでもないので着るにはちょっと無理があるなと感じました。

家用のパジャマにすることも考えましたがやはり子供が不憫だったので思い切って捨てました。

私は日頃から節約志向で無駄にものを捨てたりするのが嫌いです。

そのため、今後このようなことにならないように「汗をかいたら乾かしてから洗濯するか時間を置かずにすぐ洗うこと」というルールを決めました。

家族にも「汗をかいた服は洗濯籠にひっかけておいてね」とお願いして守ってもらっています。

もうひとつ決めたことは「黒っぽいものと白っぽいものを同じ洗濯ネットに入れない」ということです。

どうせ同じ洗濯のタイミングで洗うのであまり意味がないのかもしれませんが、なるべく接触を減らして色移りを減らそうというイメージでやってみています。

それからは濃い色が薄い色のものに移ることもなくなりました。

しかし、ふたつのルールを同時に決めたのでどれが効果があったのかはよくわかりません。

洗濯をする時、特にお気に入りの服を洗う時は色移りしないがいつもドキドキしています。

そんなに心配なら単独で洗えばいいだけなのですが、主婦としてはなるべく一度に多く洗いたいというのが本音なので、つい「そう何度も失敗しないだろう」という楽観的な考えで一度に洗ってしまっています。

大きな失敗はそれ以降ないのですが、いつかまたやるのではという心配は常にあります。

濃いものでも色落ちしにくい生地がどんどん出回ると嬉しいです。