MENU

宅配クリーニングを出す前に押さえておくポイントとは?

サービスや費用で複数の宅配業者から比較する

宅配クリーニングを利用する上でまず基本となるのが依頼する業者選びについてです。
利用者の中にはどこの宅配業者に頼んでも一緒だろうと考えている人も少なくありません。
しかし、需要の増加によって宅配クリーニングの業者は増加傾向にあります。そこで業者側が考えるのが、他社に負けない価格設定であったり独自のサービスです。
利用する側も、値段の安さを重視する人もいればサービスの充実を重視する人もいてそれぞれです。
そういった点からも、宅配業者を利用するときは一社だけで決めるのではなく、複数の業者の中から比較することが大切になります。
現在ではインターネットを利用すればその業者の行っているサービスやクリーニングに掛かる費用などを簡単に調べることが可能です。
業者の信頼度などについて知りたい時は、実際にその業者を利用した人達の口コミなどをチェックすると詳しく知ることができるので安心できます。

 

ボタンの状態に気を付けて必要ならば事前に事前に外しておく

宅配に限らずクリーニング業者を利用する時に比較的多いトラブルの中にボタンの有無についてがあります。
一般的な例としては、クリーニングから戻ってきたら衣類のボタンが外れていたり色が変色してしまっていたという物です。
こうなってしまう原因は、クリーニングを行う作業の流れの中にあると考えられます。
汚れた衣類を綺麗にするためには当然のことながら洗浄や乾燥といった行程が必要です。
そのほかにも業者ならではのプレスといった作業もあって、こういった作業の流れの中でボタンの変色や外れといったアクシデントが起こってしまうケースも少なくありません。
業者側もお客様の大切な衣類を守るために、作業を始める前のボタンをアルミで巻いてボタンの変色を防いだり専用の器具によって外れないような処置は念入りに行います。
しかし、利用する側も万が一のケースが起きることは想定しておくことが大切です。
そういったトラブルにならにいように、クリーニングに出す前に全てのボタンの状態に気を付けて、もし外れそうな所があったらしっかりと縫い付けておくことを忘れてはいけません。
スペアーのボタンがなかったり大切な思い出があるといった時はあらかじめ自分で外しておくのもおすすめの方法です。

 

シミや汚れの状態についてもしっかりとチェックしておく

クリーニングを利用する上で自分の衣類の状態について知っておくことは基本と言えます。
衣類のどこが汚れていてシミになっているかなどは、事前に把握しておくことが重要です。
一般的に衣類などは外側に汚れが集中しやすいため、肌が直接触れている内側の確認を忘れてしまうケースも珍しくありません。
しかし、一見して汚れていないように見えても、肌が触れていたことによって皮膚からでる汗や皮脂といった物で細かい部分で汚れていることもあるのです。
特に汗をかきやすい夏場に着用する衣類は内側の部分もしっかりと確認しておくことが大切になります。
どこの宅配クリーニング業者であってもシミ抜きのサービスは取り入れていて、専門のスタッフが一つひとつ手作業で行っているので、シミ抜きにおいての信頼度は高いです。
そのため、もし気になる部分がある場合は、依頼をする時に記入するヒアリングシートにそのことについてしっかりと書いておくことがおすすめと言えます。

 

虫食い穴や糸のほつれのないかの確認も忘れずに

ボタン以外にも虫食いのや糸のほつれといった物もクリーニングに出した時のトラブルの一つです。
糸のほつれなどは簡単に目視できるほどの状態であれば、事前に自分で裁縫しておけば問題はありませんが、小さな糸のほつれに関しては気を付けなくてはいけません。
これは、クリーニングに出す時に気が付かないほどの小さな糸のほつれが、クリーニングの作業工程の中で大きくなってしまうことも考えられるからです。
こういった時に依頼者が事前にほつれについての認識をしていないことで、責任の所在によるトラブルに発展してしまうケースも珍しくありません。
そうならないためにも、細かい部分にも目を通しておくことは重要です。
虫食い穴も同様で宅配クリーニング業者はトラブルを避けるために、あまりに虫食い穴や糸のほつれが酷い状態の場合は断られることもあるので注意が必要になります。

 

ポケットの中の物をしっかりと取り出しておく

これもクリーニングに依頼する上で基本とも言えることですが、全てのポケットの中身を空にしておくことを忘れてはいけません。
自分で洗濯をした時によくあるケースが紙やティッシュをポケットに入れたままの状態で洗ってしまって、洗濯後に細かく破れて衣類にこびりついてしまうといった物です。
もし宅配クリーニングに依頼をした時にこのような状態になってしまっても、依頼者側の落ち度になってしまうため紙くずを取り除いてくれることは少ないと言えます。
そのほかにも、ボールペンのようなインクを使用しているペンなどはその衣類だけでなくほかに衣類も汚してしまうこともあるので、必ず外側だけでなく内ポケットも念入りに調べておくことが重要です。

このページの先頭へ