コートはクリーニングに出さないとダメなの?

コートは冬の厳しい寒さを防ぐだけでなく、冬のお洒落やアピールにも欠かすことのできない大切なアイテムです。

お気に入りのコートを持っているので冬になるのが楽しみ、という方もたくさんいるのではないでしょうか?

そんなコートですが、高級なコートであればあるほどお家で上手に洗濯するのは至難の業です。

そもそも家庭での洗濯に向かない生地のお洒落コートもありますし、なんとか洗えたとしても型崩れしてしまったり生地が傷んでしまったり、時には毛玉ができてしまったりすることもあるでしょう。

そんな時に是非積極的に利用したいのがクリーニングのサービスですね。

でもクリーニング屋までわざわざ持っていくのも大変ですし、何着も一度に出すとクリーニング料金も結構バカになりません。

「コートなら直接肌に触れてるわけでもないし、ワンシーズン着たくらいならそのまま片付けてしまってはダメなんだろうか?」

そんな風に考えたことがある人もきっと多いと思います。

結論から言ってしまえば、1シーズン着たコートをクリーニングに出さずに収納してしまうことは絶対におススメできません。

なぜなら1シーズンしっかり着たコートには目には見えないものの砂ぼこりやホコリがガッツリと付着しているのです。

そして袖口や襟には皮脂や汗、脂汚れがジットリと染み込んでいるのです。

これらをそのまましまってしまうと収納前には気がつかなかったとしても、変色や着色汚れ、嫌なニオイやダメージの大きな原因になってしまうのです。

また湿気が残ったまま収納するとカビが生える原因にもなりますし、皮脂が付着したままだと大事なコートに虫食いを作ってしまう事もあるのです。

お気に入りのコートがそんな風になってしまっては目も当てられませんね!

このような事を防ぐため、1シーズン着たコートは必ずクリーニングに出してきれいにしてから片付けるようにしましょう。

コートのクリーニングはどれ位の頻度で出すの?

ではコートのクリーニングはどのくらいの頻度で出すのがベストなのでしょうか?

それほど頻繁に出す必要はありませんが、シーズンが終わってそろそろ着なくなったな、と思った時に一度は必ず出すようにしましょう。

かりにシーズン中に数回しか着ていなかったとしても、1回でも着れば思ったよりも汚れが付着しているのでクリーニングに出すことをお勧めします。

雨や雪で濡れれば水分を含んでしまいますし、見た目で汚れがわからなかったとしても長期間保管しているとシミの原因になったります。

ただしいつもきれいにしたいからと言ってあまり頻繁にクリーニングに出し過ぎるのもあまりよくありません。

いくらクリーニングで優しく洗ってくれる、といっても短い期間に何度も洗濯すれば当然生地は傷んでしまいます。

高級な素材のコートであれば微妙な風合いなどが損なわれてしまう事もあるのです。

何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しです。

コートのクリーニングの相場はどれ位?

コートクリーニングは素材や形によって異なりますし、お店によっても値段もまちまちなので一概に○○円、とは言えませんが、相場として

  • ロングコート(裾がひざ下~くるぶし丈)・・・1,000円~3,000円
  • ハーフコート(裾がひざ上~)・・・800円~2,500円
  • ダウンコート・・・2,600円~3,500円
  • ダウンジャケット(有名ブランド)・・・6,000円~

といったところでしょう。

一般的なクリーニング店では料金は丈の長さで決まることが多いようです。

しかしダウンジャケット、特にブランド物ともなると特別な技術が必要となるため、それなりに高額な料金になってしまいます。

ブランドによっては断られてしまう事もあるようです。

またボタンの形が特殊だったりする場合も追加料金が発生する場合があります。

コートに取り外しができるフードやファーなどがついているとその分追加料金が必要になります。

例えばトレンチコートなどは袖口や肩、ウエスト部分に細かいパーツがたくさんありますが、それぞれ追加料金が発生するので注意が必要です。

お金がもったいないから、といってそれらをクリーニングに出さない方もいるようですができれば一緒にお願いしたいものです。

なぜならクリーニングに出したコートとクリーニングに出していない小物で色味が異なってしまう事があるからです。

いざ着よう!と思って組み合わせた時、少しでも色味が違うととても目立ちます。

コートのクリーニングの仕上がりの期間はどれ位?

コートをクリーニングに出した場合、早ければ2~3日、遅くとも一週間もあれば仕上がります。

クリーニング店によっては即日仕上げサービスを行っているところもあるようです。

しかしダウンコートやダウンジャケットの場合、乾燥するのに時間がかかりますから即日サービスはありませんし、カシミアやアンゴラなどの上質な素材が使われているコートも一般的に即日仕上げには対応していません。

コートを長持ちさせる日ごろ出来るメンテナンス方法は?

コートは頻繁に洗えないからこそ、日ごろのメンテナンスがとっても大切です。

コートを着て帰宅した時には、

  • 柔らかいブラシを使ってブラッシングしてホコリを落とす
  • 消臭スプレーをかける
  • 風通しの良い場所に掛けてしっかり乾燥させる

といったことを最低限心がけるようにしましょう。

どうせすぐ着るから、と言ってハンガーにかけずに出しっぱなしにするのは絶対にNGです。

また雪や雨に触れてしまったとき水分が染み込まないように、シーズンが始まる前に事前に防水スプレーをかけておくのもおすすめです。

コートをクリーニングに出して帰ってきた後は次に使う時まで自宅で数カ月保管する必要がありますが、その時にもちょっとしたコツがあるのです。

必ずビニールから外す

クリーニングから帰ってきた時、コートはホコリよけのビニールをかぶっています。

ホコリの防止にもなりそうですし、ついついそのまましまってしまいがちですね。

でもこのビニール袋は非常に通気性が悪く、カビや黄ばみの大きな原因になります。

必ずすぐに外すようにしましょう。

クリーニングに出したばかりだからカビなんて生えるわけがない、と思うかもしれませんが、カビの胞子はホコリと一緒に空気中にたくさん舞っています。

そのカビたちがあらゆる隙間から入ってしまい、通気性が悪くてジメジメした環境下で繁殖しやすくなるのです。

そもそもこのビニールの役目はクリーニング店から自宅に持って帰る時に汚れが付着する事を防ぐために被せられているだけですから、自宅に到着すればその役目は終わりです。

軽く干す

ビニールを外した後はタンスに収納する前に半日程度部屋干ししてあげます。

クリーニング後のコートは完全に乾いておらず湿気が残っていることがありますが、こうすることで湿気を完全に取り除いてあげることができるのです。

コートは私たちが思っている以上に水分に弱く、少しの湿気でもすぐに傷んでしまいます。

カバーを掛ける

ビニールを取った後はそのまま裸でしまうのではなく、不織布でできた通気性のよいカバーをかけてあげましょう。

不織布は通気性もよくホコリも防いでくれるので是非ともお勧めしたいアイテムです。

クリーニング店から帰ってきた時にサービスで不織布のカバーがついているようであれば室内で数時間風に当ててからそのまましまっても問題ありません。

クローゼットには服を入れすぎない

クローゼットのスペースにはゆとりをもって服を収納するようにしましょう。

ギュウギュウに入っていると通気性が悪くなりせっかくクリーニングに出したコートが痛む原因になります。